読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっと気になるかも

グルメ・料理レシピ、健康・ダイエット、芸能情報、かわいい猫などちょっと気になることを配信しています


ガッテンで紹介された究極のおろし金(おろし器)とは?

6月29日のガッテンで職人が作る究極のおろし器と紹介されていたのは

「江戸幸作 銅おろし金 平型5号」でした。

和の達人野崎 洋光さんも番組で使ってましたね。

 

職人さんがおろし器の刃を一つ一つ打って起こしている姿は感動しました。

1日に作ることが出来る量は多くても5~6枚だそうです。

手作りのおろし金と既成品の違い

手作りのおろし金は刃の鋭さが違います。

「おろすより切る」感じだそうです。

 

勅使河原さんの作るおろし金は

歯がずれているので

  • 力がいらないのに早い
  • 美味しさも逃がさない

大根をおろすのはなかなか力のいる作業ですから

力が要らないでおろせるおろし金が欲しい!と昔から思っていました^^; 

 

入手困難なおろし金ですが、

これで卸した大根食べてみたいですね。

 

表目は粗め、裏目は細めに仕立ててあります。

一ヶ月待ちのおろし金ですが一生使える道具なので

持っておいて損は無いですね。

普通のおろし金で美味しくおろすコツ

ガッテンで紹介された極上おろしの3条件は

  1. 手を回す
  2. 細く切る
  3. キチンと座る

立っておろすと力がかかるので座っておろしたほうが

美味しくおろせるそうです。

 

おろし金に関するツイート