ちょっと気になるかも

グルメ・料理レシピ、健康・ダイエット、芸能情報、かわいい猫などちょっと気になることを配信しています


のど運動(体操)「あご持ち上げ体操」「吹き矢トレーニング」「ハイトーンカラオケ」のやり方【世界一受けたい授業】

9月30日の「世界一受けたい授業」からの情報です。

今売れているベストセラー、

「肺炎がいやなら、のどを鍛えなさい」の著者、

医療法人社団 西山耳鼻咽喉科医院 の西山 耕一郎院長先生が

1日たった5分!肺炎を防ぐ

簡単な3つの「のど運動」を教えて下さいました。

 

目次

日本人の死因第3位の肺炎、

喉を鍛えれば寿命が伸びる!

誤嚥した患者の正しい応急処置

誤嚥した場合の正しい応急処置法が

世界一受けたい授業で紹介されました。

「気道を水平にする姿勢で背中をたたき咳をさせる」

背中を真っ直ぐにしたまま叩くと逆効果。

水を飲ませるのもむせやすいのでよくないそうです。

  1. 呼吸しているか確認
  2. 上半身を倒す
  3. 背中を叩いて咳をさせる

誤嚥を防ぐ食べ方とは?

上を向いて飲み込むと気道にフタがしづらい状態になり

気道に入りやすくなります。

誤嚥を防ぐ食べ方は

飲み込む瞬間にうなずくこと。

飲み込んだ直後に息を吐くと良いそうです。

誤嚥しかけても息と一緒に出すことが出来ます。

飲み込み力チェック

5つの項目のうち2つ当てはまると要注意!

飲み込み力が弱まっているかも知れません。

  1. 上を向いて飲むとよくむせる
  2. 声をかけたのに無視されることが多い
  3. 歩くスピードが遅くなった
  4. 大きめの錠剤を飲みにくく感じる
  5. 食事を終えた後ガラガラ声になる

喉仏チェック

年齢に伴い喉仏は下がります。

理想的な喉仏の位置は首の中央より上になります。

 

下がった喉仏は喉の筋肉が衰えたことを示します。

飲み込んだ時喉仏が2センチ以上動くかチェックしましょう。

 

誤嚥を起こしやすい人

誤嚥を起こしやすい人は年令に関係なく

ドカ食い早食いをする人

気を付けたいですね。

 

よく喋る人は喉が鍛えられているので誤嚥しにくいそうです。

誤えんを防ぐ!のど運動のやり方

喉仏を上げる筋肉が鍛えられる

のど運動が3つ紹介されました。

あご持ち上げ体操

  1. 下顎に両方の親指を押しあてる
  2. 顎を引きながら指で力いっぱい押し返す
  3. 口を横に広げて「イー」と発音し、喉仏周辺に力を入れる(5秒間)

この運動を朝昼晩、食前5秒×10回行う。

 

吹き矢トレーニング

ゲーム感覚のトレーニングです。

ちょっと楽しそう!

  1. 紙とセロハンテープを準備する
  2. 直径2cm程度に丸めて筒を作る
  3. 小さい紙を丸めてセロなんテープで固める(弾の完成)
  4. 弾を筒に入れて50cm先においたペットボトルを倒す。

1日5分程度、楽しみながら行います。

家族揃って行うと盛り上がりそうですね!

 

ハイトーンカラオケ

高いキーの曲を歌えば喉仏を動かす筋肉がきたえられます。

おすすめの曲は

堺正章さんのさらば恋人。

 

有田哲平さんはMr.Children、

佐藤栞さんは広瀬香美さんのロマンスの神様、

西山 耕一郎院長先生はオフコースがおすすめだそうです。

 

 

3つの喉の体操、どれもユニークで

簡単にできそうなので試してみたいです。