ちょっと気になるかも

グルメ・料理レシピ、健康・ダイエット、芸能情報、かわいい猫などちょっと気になることを配信しています


茨城県民の熱愛グルメばんどう太郎とは? 秘密のケンミンショー5/21

 5/21の秘密のケンミンショーで茨城県の”ばんどう太郎”が紹介されました。どうやら茨城のチェーンの飲食店のようです。

 

f:id:anonahan:20150521222944j:plain

ほとんどの人が味噌煮込みうどんを注文している

本場名古屋の味噌煮込みうどんの具材は

  • 油揚げ
  • ネギ
  • 鶏肉

が入りシンプルですが

ばんどう太郎の味噌煮込みうどんは具沢山。

そもそも茨城県民は味噌煮込みうどんをあまり食べないらしい。

ばんどう太郎だから味噌煮込みうどんをオーダーするらしいのだ。

ばんどう太郎の味噌煮込みうどんの具材は

れんこん、さやえんどう、ごぼう、しいたけ、ネギ、白菜、焼き豆腐など入りまるで鍋料理のようだ。

ばんどう太郎の味噌煮込みうどんの味は

愛知の赤味噌を独自のブレンドをして愛知の味噌よりもあっさりさせているそうだうだ。

独自の赤味噌にカツオベースのうどんつゆ、昆布だしに鶏のつみれ、ごぼうを加える。

うどんを加え白菜、揚げ玉たっぷり、れんこんなどの野菜、焼き豆腐を加えて5分煮込み生卵を最後に加える。

※うどんが本場の名古屋の硬めのうどんとは違い柔らかめのコシのあるうどんを使用している。

茨城在住20年の元愛知県民の方の感想

美味しいですよ!れんこんが美味しいよ!と大絶賛でした。

ばんどう太郎が茨城県民に支持されているもう一つの理由

お食い初め、一升餅、還暦の御祝いなど家族の行事をサポートしてくれるところが県民からの支持を得ているもう一つの理由のようだ。

 なぜ味噌煮込みうどんなのか

名古屋の味噌煮込みうどんを食べて感動し茨城県に取り入れたいと思ったがそのまま取り入れたら絶対に売れないのが分かっていた。試行錯誤の上茨城県民の下に合わせた味噌煮込みうどんを完成させた。

 

閉店最後のお客様が会計を済ませると

スタッフがお見送り。おもてなしの心が沁みますね。