ちょっと気になるかも

グルメ・料理レシピ、健康・ダイエット、芸能情報、かわいい猫などちょっと気になることを配信しています


【とと姉ちゃん】りんご箱がソファ・ベッドや本棚に変身

7月27日のとと姉ちゃんは

恩師の東堂先生(片桐はいり)の住まいを快適にするため

りんご箱、みかん箱を使いテーブル、椅子、ソファベット、本棚を

格安な価格で作るというお話でした。

 

物置を夫婦の住まいにしている恩師の東堂先生ですが

ご主人の体のことを気遣い椅子に腰掛ける生活がしたい、

本が好きなご主人の為に本棚がほしい。

この条件を満たし、格安な材料で作る為に花山(唐沢寿明)が目をつけたのが

「りんご箱」でした。

 

今日のあらすじは次のとおりです。

闇市で見つけた果物箱を花山(唐沢寿明)は積み重ねていく。あっけにとられる常子(高畑充希)たちだが、少しは自分で考えろという花山の言葉に刺激されて、常子はあるアイデアを思いつく。箱が連結されできたのは、東堂(片桐はいり)が望んだソファや机などの家具。しかも用途に応じて形が変化する狭い住宅に便利な機能を持っていた。その家具に常子は紙を貼り付ける、それはかつて東堂が教えてくれたことを元にした工夫だった…

東堂先生が包装紙でブックカバーを作っていたのを思い出し

りんご箱に壁紙を貼ることを思いついた常子(高畑充希)でした。

 

テーブルはりんご箱よりも小さいみかん箱を使用しています。

テーブルクロスをかけると一気におしゃれな雰囲気になりますね。

 

普段はベンチとして使用し、奥のりんご箱を手前に移動することで

別途になるソファベットはなかなかのアイディアですね。

 

りんご箱を使った収納、ちょっと真似してみたくなりました。