ちょっと気になるかも

グルメ・料理レシピ、健康・ダイエット、芸能情報、かわいい猫などちょっと気になることを配信しています


【林先生が驚く初耳学】カロリーオフ食品を食べるとかえって太る原因は?

2月5日の「林先生が驚く初耳学」からの情報です

カロリーオフ食品を食べ続けるとかえって太るそうです。

 

ダイエット中に甘いものがほしい時に

カロリーオフやカロリーゼロを使った飲料やデザートなどが

食べたくなりますがどうやらNGのようです。

 

f:id:anonahan:20170205221912j:plain

 

カロリーオフを食べ続けると太理由

カロリーオフに含まれる調味料を脳が

認識しないことにより太るそうです。

 

栄養管理士の二宮真樹さんの説明によりますと

食品のカロリーを下げるために使われている

人工甘味料が原因だそうです。

 

カロリーオフの食品に使われている人工甘味料は

砂糖の代替甘味料として多くの食品に使用されています。

 

甘さを感じられるのにカロリーが低いのに

かえって太ってしまうのは

 

脳はブドウ糖をエネルギーとして

機能していいるのですが

人口甘味料は体に入ってきた時に

ブドウ糖として認識をしないんです。

 

つまり、人工甘味料は体内でブドウ糖として認識されないのに

脳は体に必要なブドウ糖が不足していると判断してしまいます。

 

それにより、脳は体にブドウ糖をもっと摂取するように

司令をだしてしまいます。

 

カロリーオフのものを食べてばかりいると

逆に甘いものや炭水化物をもっと食べたくなり

逆に太ってしまうわけです。

 

「甘みは代替出来ても脳認識も代替までは不可能ってことですね」

と林先生も納得の様子でした。

 

痩せたいからと言ってカロリーオフやカロリーゼロ食品に

頼るのは危険ですね。