ちょっと気になるかも

グルメ・料理レシピ、健康・ダイエット、芸能情報、かわいい猫などちょっと気になることを配信しています


あさイチ コーヒー、緑茶で長寿を分析

 国立がん研究センターの

「コーヒー、緑茶を飲む人の方が死亡リスクが低い」という研究発表

によりコーヒと緑茶が注目を浴びています。

国立がん研究センター調査結果

コーヒーを一日3~4杯飲むグループは殆ど飲まない人に比べで死亡リスクが24%減少、

緑茶を一日5杯以上飲む人で男性で13%、女性で17%減少することが明らかとなった。

コーヒー、緑茶が死亡リスクを下げる理由は

両方に含まれるカフェイン→呼吸器疾患の死亡リスク減少

喘息の治療に使うテオフィリンという薬がカフェインと親戚のような物質なので同じように気管支を拡張するような効果があるそうです。

 

緑茶に含まれるカテキン→心疾患、脳血管疾患になるリスクが減少

動脈硬化を起こしにくくする働きがあるため心疾患、脳血管疾患のリスクが減少する。

コーヒーに含まれるクロロゲン酸→糖尿病になるリスクが減少

血糖値を下げるホルモンの分泌を促すため糖尿病になるリスクを下げる。

糖尿病は色々な病気を引き起こすので糖尿病になるリスクが減るということは色々な病気にかかりにくくなるということですね。

コーヒーに含まれるクロロゲン酸をより多く引き出す淹れ方は

コーヒーの焙煎が浅いほうがクロロゲン酸が残るので浅煎りがおすすめ。

焙煎時間の長い深煎りではクロロゲン酸が分解されてしまうのです。

飲み過ぎに注意が必要な人

妊婦の方、重い心疾患、腎不全の方は摂取を控える。

※引続き調査されるので5年後にはまた発表があるそうです。