読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっと気になるかも

グルメ・料理レシピ、健康・ダイエット、芸能情報、かわいい猫などちょっと気になることを配信しています


【サタデープラス】ゴーヤは血管や心臓を若返らせる!ワタの活用レシピ

美容・健康・ダイエット サタデープラス

血管や心臓を若返らせるために名医のドクターが毎日摂っている

血管に良い食べ物として「ゴーヤ」が4月23日のサタデープラス

で紹介されました。

f:id:anonahan:20160424014023j:plain

 

目次

血管と心臓を若返らせる食べ物

キーワードは「やさい」

  • や 野菜を
  • さ 先に
  • い いっぱい食べる。

野菜を食事の一番先にいっぱい食べるとこが血管や心臓にいいんですね。

ゴーヤの調理法としてゴーヤチップスが良い理由

ゴーヤは血管若返り成分であるビタミンCが野菜の中でも豊富で

レモンと比べても1.5倍です。

 

実はゴーヤの「ワタ」がポイント。

普段捨ててしまうゴーヤのワタには

果肉の3倍ものビタミンCが含まれています。

 

ゴーヤのビタミンは油に強いので油で揚げても大丈夫です。

油で揚げることでゴーヤに含まれる

チャランチンという血管若返り成分は脂溶性なので

油と一緒に摂ると吸収が良くなります。

 

ゴーヤの苦味成分チャランチンは血糖値の

上昇を抑える働きがあります。

 

血糖値の上昇を抑えるということはダイエットや

糖尿病の予防にも良さそうですね。

 

生のゴーヤも勿論体に良いのですが

ゴーヤチップスするとワタも食べられるし

油で揚げているのでチャランチンの吸収が良くなって

より良いわけですね。

 

ゴーヤチップスは1日10枚位を

目安に食べるとよいそうですよ。

 

ゴーヤチップスのレシピ

黒胡椒の効いたゴーヤチップスのレシピです。

カレー粉を振りかけるとお子様にも喜ばれそうですね。

ゴーヤチップスは電子レンジで簡単に作ることも出来ます。

油の量も少なめで簡単でヘルシーなクックパッドのレシピです。

 

ゴーヤのワタタピカのレシピ

ゴーヤのワタを無駄なく使える料理

「ゴーヤのワタのタピカ」のレシピがサタデープラスで紹介されました。

  1. ゴーヤのワタを適当な大きさに切る
  2. 卵と溶いて塩、胡椒で味付ける
  3. ワタを味付けした卵液に付けてフライパンで焼く

ゴーヤのワタは苦いのでは?

という疑問が起こりますが

スタジオでの評判は

「美味しい」とのことでした。

 

クックパッドにゴーヤのワタタピカのレシピが載っていました。

ゴーヤの種もたべられるそうです。

ゴーヤの種が白っぽいものを使うのがポイント。

癖になる美味しさだそうです。

ゴーヤのワタのレシピ

ゴーヤのワタのレシピまだまだありましたので紹介します。

唐揚げや天ぷら、チヂミなど色々使えるとは。

ゴーヤのワタは今まで捨ててましたが

これからは捨てられませんね。

 

ゴーヤが苦手な人もゴーヤチップスなら食べられそうですね。

食べたこと無いので一度食べてみたいです。

 関連記事