ちょっと気になるかも

グルメ・料理レシピ、健康・ダイエット、芸能情報、かわいい猫などちょっと気になることを配信しています


【バイキング】痩せているのにメタボ?サルコペニア肥満を防ぐ食品とメニュー 3/14

3月14に放送のバイキングでは隠れ肥満「サルコペニア肥満」について特集されてました。サルコペニア肥満は一般的なメタボよりも病気のリスクが高まるそうです。

 

サルコペニア肥満を予防する食べ物、メニューも番組内で紹介されたのでまとめてみました。

https://img.cpcdn.com/recipes/1716851/280/3a04a4b9416aa14fcba9a0851c1c2f51.jpg?u=1843442&p=1329981881

 

画像 http://cookpad.com

 

目次

サルコペニア肥満とは

サルコペニア肥満とは加齢により筋肉が減少し脂肪の割合が増えたために起こる肥満です。

若い時と体形が変わらないというのもアウトだそうです。日頃から筋トレを行い筋力を増やす努力が必要なんですね。

サルコペニア肥満の『サルコペニア』とは、一言で言えば「老化によって引き起こされる筋肉の減少」のことです。
 老化による筋肉の減少は25歳ごろから始まると言われており、80歳ごろになると若い頃のなんと半分近くにもなってしまいます。

京都 NPO法人 つくし会 » 東洋医学って何だろう? 第49回 ~ 最近増えているサルコペニア肥満 ~ 平成25年2月24日(日) より引用

片足で立って靴下が履けないとサルコペニア肥満の可能性が高い

片足で立って脚がグラつかないで靴下が履ければサルコペニア肥満の可能性は低いそうです。是非チェックしてみてくださいね。

サルコペニア肥満を防ぐ3つのメニュー

食事制限ダイエットをしているとサルコペニア肥満になりやすいそうです。ダイエット中は運動も心がけないといけないですね。

 

ダイエット中は筋力を落とさないようにタンパク質を積極的に摂ることが重要です。

バイキングではサルコペニア肥満を防ぐ3つの食品が紹介させました。

1.ツナ入卵焼き

ツナ(まぐろ)にはBCAA(必須アミノ酸のバリン、ロイシン、イソロイシンのこと)が多く含まれています。

BCAAはマグロの他赤身系の魚の鮭、かつおにも多く含まれているので積極的に摂るとよいそうです。

 

卵にはBCAAに加えてビタミンB群が豊富なのでツナ入卵焼きにするとサルコペニア肥満予防に良いメニューとなります。

 

2.鶏むね肉の親子丼(雑穀米使用)

鶏むね肉の特徴は

  • 高タンパク低カロリーで更にビタミンB群が豊富です

タンパク質にビタミンB群がくっつくと筋肉が作りやすいのでタンパク質はビタミンB群といっしょに摂りましょう。

雑穀米にはビタミンB群が豊富で白米にはあまり含まれていないのでご飯を雑穀米にかえるとサルコペニア肥満予防につながります。

3.プロセスチーズ

プロセスチーズにはカルシウム、ビタミンB群が豊富に入っているのでBCAAを体に取り込むことができます。

 

プロセスチーズはおやつやオツマミにもなるので摂りやすいですね。

まとめ

サルコペニア肥満を防ぐにはBCAA(必須アミノ酸のバリン、ロイシン、イソロイシンのこと)が多く含まれている食品を摂ること。

その時にビタミンB群の含まれている食品といっしょに摂ると筋肉が付きやすい。

 

チーズは単体でBCAAとビタミンB群が含まれているので日頃の食事に上手く取り入れると良いですね。