ちょっと気になるかも

グルメ・料理レシピ、健康・ダイエット、芸能情報、かわいい猫などちょっと気になることを配信しています


【その原因、腸にあり!】チョコレートでシミ肌荒れ解消!ダイエットにも!

3月29日放送「その原因、腸にあり!SP~」より

肌は腸を写す鏡と言われています。

腸内環境が悪くなるとものすごく肌にダメージがいきます。

腸内環境を良くする食べ物とは?

順天堂大学の小林弘幸先生が教えて下さいました。

 

目次

腸内環境と肌荒れの関係

腸内環境が良くなると血流が促され肌のターンオーバがスムーズに行われるようになり美肌に効果があります。

 

逆に血流が悪くなると肌のターンオーバが乱れ肌があれます。

つまり腸内環境を整えればシミの数が減るということです。

 

チョコレートが腸内環境を良くし肌荒れに効く?

腸内環境を良くしてくれて肌荒れに良い食べ物は

チョコレート!

チョコレートに含まれるカカオプロテイン、カカオポリフェノール

この2つの成分がシミを減らす可能性があるそうです。

カカオプロテインの働き

カカオプロテインは消化されないタンパク質を多く含んでおり

大腸に達して腸内環境で利用されるので腸内環境を改善する効果があります。

カカオの食物繊維とカカオプレテインが善玉菌を活性化させ腸内環境が整い

肌のターンオーバが正常になります。

カカオポリフェノールの働き

カカオポリフェノールの抗酸化作用によってシミの元である活性酸素を断つ働きをすると言われています。

 

カカオ70%以上のチョコレートは赤ワインやコーヒーよりもポリフェノールの含有量が多いのです。

 

チョコレートはニキビができやすいので肌荒れの原因になると思っていましたが

特にカカオ70%以上のチョコレートを食べることは腸内環境を整えお肌にもダイエットにもいいんですね。

 

ちなみにチョコレートとニキビの因果関係は無いそうです。

ニキビの悩みは脂質の多い食生活を見直すと良いそうです。

チョコレートを1ヶ月食べてシミが減る?

チョコレートを食べてシミが本当に減るのかタレントの

キンタローさんと木村好珠さんがチャレンジ

シミ解消のためのチョコレートの分量は?

カカオ70%以上のチョコレートを1日25g食べる

これを1ヶ月続けた結果!

 

実験結果キンタロー

肌は白くなったけどシミは逆に増えていると思ったとコメントしていたキンタローさんですが

  • 表面に見えるシミ 138個から128個
  • 紫外線によるシミ 469個から445個
  • 茶色いシミ 532個から479個

と減ってました。

実験結果木村好珠
  • 表面に見えるシミ 141個から157個
  • 紫外線によるシミ 392個から409個
  • 茶色いシミ 393個から425個
  • 過酸化脂質 3370個から2239個

木村好珠さん表面に見えるシミは若干増えましたが過酸化脂質が1000個以上も減りました。

実験結果

5人中3人がチョコレートを毎日1ヶ月食べるだけで

被験者5人中3人がシミが減少するという効果が得られました。

 

効き方にさがあるのも腸内環境が影響しているのかも知れないという専門家の意見でした。

 

「食べるもので少しずつ変化させていけるのは素晴らしいと思う」

と小林メディカルクリニック東京の委員長小林暁子先生。

 

機能的なチョコレート(血糖値を下げるなど)も出ているので

自分の体調に合わせてチョコレートを選ぶとよいそうです。

関連記事

ざわちんさんがえごま油で腸活、1ヶ月で肌荒れが解消した上に5kg痩せました。

肌荒れが気になる方はこちらの記事も参考になさって下さい。