読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっと気になるかも

グルメ・料理レシピ、健康・ダイエット、芸能情報、かわいい猫などちょっと気になることを配信しています


【その原因Xにあり】ノンオイルツナ缶と8時間以上の睡眠!ノンストレスダイエット方法とは?

f:id:anonahan:20161202202110j:plain

12月2日放送の「その原因、Xにあり!」で

「ツナ缶食べて寝るだけ!?ノンストレスダイエット」

が紹介されました。

ストレスなしにダイエット出来る方法、素晴らしいですね。

目次

満腹ホルモンの減少にあり

 

痩せたいのについつい食べてしまう原因は

満腹ホルモンの減少にありました。

 

満腹ホルモン(レプチン)とは?

満腹ホルモン(レプチン)とは

食欲にブレーキをかけてくれるホルモンのこと。

 

レプチンは食事中に分泌されて脳に伝達して

食べ過ぎを抑える役割を果たすホルモンのこと。

 

レプチンは実にいい働きをしてくれるんですね!

 

過度なダイエットや生活習慣の乱れが

満腹ホルモンが減ってしまい

その結果、ついつい食べすぎてしまうことに。

 

これは怖いですね。

 

ホルモンの専門家、

オルソクリニック銀座医院長、藤森徹也先生が

やせたいのについつい食べすぎてしまうことと

満腹ホルモンの関係について教えて下さいました。

 

レプチンという食べ過ぎを抑えるホルモンの量のレベルは

個人個人違います。

 

ダイエットで満腹ホルモンの量が減ることにより

今までの食べていた量では満腹感が得られず、

ついつい食べすぎてしまうということが起こります。

 

満腹ホルモンを増やす方法

満腹ホルモンを増やすのに効果的は方法は2つあります。

ハチカラ睡眠

満腹ホルモンを増やすには睡眠が大切で

睡眠時間が増えるほど満腹ホルモンが増えていきます。

 

どのくらいの睡眠を取ると良いかというと

 

一日に8時間以上寝ること

 

満腹ホルモンは一日に8時間以上寝ると増えるそうです。

 

なかなか8時間も睡眠が取れないという方は

いつもよりも長めの睡眠をこころがけるとよいそうですよ。

 

タンパク質を多く摂る

満腹ホルモンを増やすもう一つの方法は

タンパク質を多く摂るということです。

 

タンパク質には動物性タンパク質、植物性タンパク質がありますが

動物性タンパク質がおすすめです。

動物性タンパク質を摂った時のほうが満腹ホルモンが増えるそうです。

 

高タンパク低カロリーの食材は

ノンオイルのツナ缶

 

タンパク質を吸収できる量は上限があるので

1回の食事で体内に吸収されるタンパク質の量は30g

 

  • ノンオイルツナ缶を1日2缶食べる

 

ノンストレスダイエット方法のまとめ

その原因、Xにあり!の

満腹ホルモンを増やすノンストレスダイエット方法

のやり方は

  • 8時間以上の睡眠
  • ノンオイルツナ缶を1日2缶食べる

たったこれだけの方法で

食べる量を我慢しないでOK!

 

ダイエットにストレスを抱えている

主人に真っ先に教えてあげたいと思います。

関連記事