ちょっと気になるかも

グルメ・料理レシピ、健康・ダイエット、芸能情報、かわいい猫などちょっと気になることを配信しています


骨粗鬆症の治療、フォルテオ皮下注射開始、安全性、副作用が気になります

母が重度の骨粗鬆症で
骨粗鬆症の治療を受けることになりました。

 

転んだわけでもなく何もしていないのに
骨折して入院歴のある母は

骨密度は
20歳と比較して 40%
同年代と比較して 60%と言う結果でした。

重度の骨粗鬆症と判断され
副甲状腺ホルモン製剤フォルテオを処方されました。

 

バックやDVD等、いっぱい渡されたけど、まだDVD見てません。

こんなに必要かな?

f:id:anonahan:20161102211853j:plain

目次

骨粗鬆症の治療、フォルテオ皮下注射を母が開始


骨新生促進効果を持つここ2年くらい前から使われるようになった
新しい治療方法で骨量増加作用の効果は高い、

しかも、他の薬に比べて副作用は殆ど無いという説明を受けました。


自分で注射するタイプのフォルテオと
週一回病院で注射するタイプのテリポンがあり、
週一回注射するタイプは、一回の量が多くなるので
副作用がでやすいので、毎日自己注射するタイプのフォルテオのほうが
良いということで治療開始となりました。
治療期間は2年間。

注射を自分で打てるように
指導されて実際に注射を打って帰宅。

 

帰宅後2年間も自己注射出来ないと落ち込む母。
「明日違う治療に買えてもらうように先生に話すから」
となだめて病院へ。

先生に
「2年間の自己注射は無理みたいなので
他の治療方法に変更して頂けませんか?」

先生の答えは

「気持ちはわかりますが、他の治療方法は副作用が大きいので医者としておすすめすることは出来ません。また、併用して他の治療もできないので、一ヶ月頑張って続けて下さい。」


フォルテオは原価5万円以上する製剤なので
治療を中断すると無駄になることも強調されました。


重度の骨粗鬆症の治療はフォルテオが最善の方法らしいことは理解できました。

 

遺伝子組換え?大丈夫?


フォルテオ遺伝子組換えで出来ているこが気になっていたので先生に聞いてみたら
「臨床実験の結果問題ありません」

とのことでした。


遺伝子組み換え食品はがんになる確率が上がったり
と良いイメージが無いのでなるべく避けてたので複雑な心境ですが、

フォルテオ以外の治療も副作用のリスクが高そうなので
先生の治療方針に従うほか無さそうです。

 

フォルテオの副作用は? 

副作用についてはフォオルテお製剤に一緒に入っている

説明書に詳しく載っていました。

1~5%

  • 悪心
  • 食欲不振
  • 頭痛
  • 筋痙縮

など

1%未満

  • 上腹部痛
  • 腹部不快感
  • 嘔吐
  • 胃炎
  • 狡猾
  • めまい、
  • 傾眠
  • 呼吸困難

など

 

頻度不明

  • 意識消失
  • 高カルシウム血症
  • そう痒症

など

注射部位反応として

  • 紅斑、血腫、疼痛、硬結、そう痒感、変色、腫脹など

 

私の母親の場合

  • 食欲不振
  • 上腹部痛
  • 腹部不快感

の副作用がでましたので

症状を病院に伝えたら漢方の胃薬を処方され

継続してフォルテオの治療を続ける方針のようです。

 

副作用は軽いと判断されたようです。

 

フォルテオ皮下注射、簡単で痛みも副作用もないと

病院で説明を受けましたが、

はやり、なかなか大変な治療のようです。

 

結局、フォルテオの治療を断念

フォルテオ2週間立った頃

母は味覚障害が出て食欲不振で

水も飲みたくないほどになってしまいました。

 

主治医の診察を受けたところ

「フォルテオの使用を中止して結果を報告して下さい」

と言われました。

 

母が病院に行くのを拒んだので

それ以来そこの病院には通わず、

骨粗しょう症の治療が中断したまま現在に至ってます。

 

フォルテオのサポートに連絡

治療を中断してもフォルテオのサポートから

色々とDMが届いていました。

 

なんと、治療を中断してるのに

3か月終了の認定書まで送られてきたので

サポートに連絡しました。

 

副作用で治療を中止したことを告げましたが

「お力に添えなくて申し訳ございません」

というような返答でした。

対応は感じ良かったので連絡して良かったです。

注射本体と注射針を病院へ返還

注射本体と注射針(使用済みのものも含める)は

医療廃棄物なので病院の窓口で返還しました。

 

治療を勝手に中断したので何か言われるかと

ちょっと不安でしたが、

事務的にことが済んででホッとしました。

 

骨粗しょう症の治療が中断していることは気になりますが

本人が受ける気が無いので現状維持出来るように

カルシウムの摂取を心がるくらいしか今のところ

骨粗しょう症対策するすべが無いのが現状です。