読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっと気になるかも

グルメ・料理レシピ、健康・ダイエット、芸能情報、かわいい猫などちょっと気になることを配信しています


あさイチムダ毛の悩み特集まとめ

 6月17日のあさイチのメインテーマは「ムダ毛の悩み」です。夏は特にムダ毛が気になる季節ですよね。エステで永久脱毛出来ればいいのですが時間もお金もかかるので自宅で剃ったり毛抜で抜いたりする人が多いと思いますが肌トラブルに悩む人も多いようです。

皮膚科医直伝 肌の負担を減らすムダ毛の処理の仕方

 無駄毛の処理は剃るか抜くかになりますがどちらも肌には良くはありません。全くダメージを受けない方法は無いので極力負担を減らす方法を皮膚科医の先生が教えて下さいました。

剃る部分を清潔にする

すぐに泡を塗って剃るのはNG。毛を剃る前に湯船に入って肌と毛を温める必要が有ります。

肌と毛を温める

38度から40どのお湯に10分ほどつかります。

皮膚の表面と毛はケラチンというタンパク質でできています。お湯で温めるとケラチンは柔らかくなる性質が有りますので温めることによって毛も皮膚も柔らかくなって引っかからず肌の負担を減らすことが出来ます。

温めないで剃ってしまうとカミソリで皮膚が傷つき毛羽立ってしまうんです。

せっけんやシェービングクリームをつける

石鹸を付けるときのポイントは毛が見えるくらい薄く塗ること。毛が見えるので刃の往復の無駄が無くなります。

毛の生えている方向に向かって力をかけずに剃ります。一箇所に付き刃を当てるのは一回にとどめます。

※一回で剃るためには切れ味の良い刃を使うことが大切です。刃はこまめに取り替えましょう。

毛の流れと逆に剃るのは間違い

毛穴の周りの皮膚まで削られてしまい傷んでしまいます。残った毛の長さも殆ど変わらないので毛の向きと逆に剃るメリットはありません。

剃った後の手入れ

タオルに保冷剤を包み剃った肌を冷やしほてりを取ります。

この一手間でカミソリ負けを軽減することが出来ます。

仕上げは保湿

敏感肌用クリームで保湿します。剃った後の肌は敏感なので刺激の少ないクリームを選ぶのがポイントです。

一枚刃と5枚刃ではダメージは違うの?

一回剃るだけならダメージは同じ。

剃ってから生えてくるまでにトラブルが起こる

 剃った後毛が生えてくるときに肌が乾燥していると肌が硬くなって上手く毛が外にでなくなりトラブルが起こります。剃った後も肌を保湿してお手入れし続けることが大切だそうです。

簡単にできる毛穴と肌荒れのカバー術

剃った後の肌の赤みが気になる。そんな悩みをカバーするメイク術。

1.保湿

毛を剃った後はこまめな保湿が必要です。

化粧水を染み込ませたコットンを用意します。

スクワランオイルという鮫から採った油を加えます。

スクワランオイルは人の皮脂に近く肌なじみが良いのです。

 

2.ベースの色選び

保湿の次は肌トラブルをカバーするベースの色を選びます。

ポイントは黄色のベースカラー。

黄色は日本人の肌の色になじみやすく自然な色に仕上がります。黒ずみや赤みが目立ちにくいと言われます。

次にベージュのパウダーをしっかりと叩いていきます。水に強いタイプがおすすめ。

ブラシで余分な粉を取り除く。

 

3.仕上げに水をかける

仕上げにスプレイの水をかけて肌とパウダーを密着させます。最後に余分な水分を拭き取ります。

これでスカートにも付きにくく一日崩れることはありません。

毛穴が目立つ場合

毛穴が目立つ場合は黄色にベージュのファンデーションを加えます。

こちらもメイクが落ちないように水をかけて余分な水分を拭き取ります。

毛穴が目立たないだけではなくちょっと伸びた毛も誤魔化してくれるスグレモノです。

メイクをしているので日焼けを防ぐ効果もあり一石二鳥です。

※水着でもこすらなければ落ちることは無いそうです。

簡単にムダ毛が目立たなくする方法

足のメイクは目から鱗でした。足にメイクをする時間がない場合はベージュの網タイツを履くとムダ毛が目立たなくなるそうです。

 妊娠・出産で毛が濃くなる?

 妊娠すると女性ホルモン、男性ホルモン、共に増加します。男性ホルモンの影響で毛が濃くなります。出産するとホルモンは元に戻ります。しかし産後のストレスでホルモンバランスが崩れると男性ホルモンが多くなり毛が濃い状態が続くことがあるそうです。

 気にし過ぎると更に男性ホルモンが増えて益々濃くなってしまうのであまり気にしない方が良いそうです。

 また、過度なダイエットもホルモンバランスが崩れて毛が濃くなることがあるそうです。

ムダ毛の処理に適した時期

ムダ毛の処理する時期でベストなのは生理が終わって3日後から1週間後くらいの間だそうです。整理が始まる直前は一番良くないそうです。生理前は体調が狂いやすいのでその時期にムダ毛処理をすると膿んでしまう事もあるそうです。生理前だけではなく疲れている時とか風邪をひいている時など体調が悪い時もムダ毛処理は避けたほうが賢明です。

 埋もれている毛の処理は

埋もれ毛はつっついて出してはさみでカットします。剃ってしまうと化膿してしまうこともあるので注意。

ムダ毛を剃ったところが色素沈着してしまった

 ムダ毛のトラブルでもっとも多いそうです。レーザーなどで取り除くことは不可能で美白クリムを塗る、ピーリングをかけるなどの地道な治療で1年以上かかることも。

肌になるべくダメージの起きない剃り方をするのが大切だそうです。

 レーザー脱毛について

 技術は進歩していて自分で処理するよりも肌トラブルは少ない。

生理が終わり60代になるとムダ毛が薄くなりますが、40代50代ではまだムダ毛はうすくならないのでレーザー脱毛を受けても大丈夫。

 日焼けしている人は難しく、毛が細い人も反応が鈍いそうです。太くて濃い毛の方が反応がよくムダ毛をなくすことができるそうです。