ちょっと気になるかも

グルメ・料理レシピ、健康・ダイエット、芸能情報、かわいい猫などちょっと気になることを配信しています


【林修の今でしょ!講座】発酵食品2位は「ヨーグルト」

f:id:anonahan:20160412222015j:plain

4月12日の「林修の今でしょ!講座」で
医師50人が選ぶ発酵食品ランキング2位は「ヨーグルト」でした。

 

目次

ヨーグルトのここが凄い!

ヨーグルトは牛乳を乳酸菌40度で約5時間発酵させたもの。

医師たちがヨーグルトに注目している理由は

ヨーグルトを習慣的に食べている人は

  • 糖尿病のリスクが減少する

という最新研究が発表されたからです。

 

ケンブリッジ大学の最新研究によると

  • 低脂肪ヨーグルト(カップ入ヨーグルト120g)
  • 一週間に4から5個食べる
  • 2型糖尿病の発生リスクが28%減少

※男女3500人を11年間にわたって追跡調査したそうです。

 

1型糖尿病は遺伝的要素ですが

2型糖尿病は生活習慣によります。

 

腸の中の善玉菌は加齢とともに

急激に減少してきます。

 

腸の専門医工藤進英先生のお話

なぜ善玉菌を増やすことが重要かと言いますと

免疫細胞の6割が腸にあります。

 

免疫細胞に善玉菌がくっつき

活動が活発になり免疫が上がります。

 

ヨーグルトを食べても胃で善玉菌が死んでしまうのでは?

ヨーグルトは腸に届くまでに殆どが死んでしまうと言いますよね。

仮に100%の善玉菌が死んでしまっても

死んだ市街は善玉菌の餌になるので結果的に善玉菌が増えます。

 

乳酸菌は無駄死はしないんですね。

 

ヨーグルトのまとめ

  • 2型糖尿病のリスクを下げる効果が期待できる
  • 毎日1カップ程度のヨーグルトを食べることがおすすめ

 関連記事

便秘解消にはヨーグルトよりもすぐきというお漬物のほうが

効果があるという記事です。