ちょっと気になるかも

グルメ・料理レシピ、健康・ダイエット、芸能情報、かわいい猫などちょっと気になることを配信しています


【あさイチ】ラップの使いこなし術 スゴ技Q6/28

6月28日のあさイチ、スゴ技Qは「ラップ」の使い方でした。

台所でお馴染みの「ラップ」ですが

意外と使いこなせていない?

ポリ塩化ビニリデンのラップ

目次

冷凍ご飯、温めると剥がせない

ラップに来るんだ冷凍ご飯、温めるとどこが端が分からなくなりますよね。

それを解決するにはラップの端を折り返して包むと良いそうです。

 

ポイントは

  • 折りたたむ時端を外側に少し折り返すこと
  • ラップが重なるまで折ってラップ同士を密着させること
  • 外側に空気を抜く

 

1.ラップの上にご飯をのせる

 

2.ラップを外側に折り返す(1~2cm)

 

3.反対側も外側に折り返す

 

4.左右の端も同じように外側に折り返す

 

これは知らなかった!

 

電子レンジで温めるとラップに穴があく

電子レンジで温めるとラップに穴が、、、

これを防ぐには

  1. 深い容器に入れる
  2. ふんわりとラップをかける

これで解決出来ます。

ラップを誤って食べても大丈夫?

ラップの成分は食べても害の無いもので作られているので

誤ってラップのかけらを食べてしまっても大丈夫だそうです。

消化されないで体外に排出されるそうです。

 

器にラップがくっつかない

お椀はラップがくっつかないですね。

このようなくっつきにくい器のラップ術があさイチで紹介されました。

 

塩化ビニル樹脂のラップを使うと器にピッタリくっつきます。

コツは

  • 引っ張りながら密着させる

 

それでもくっつかない器には

  • ふちに軽く水をつける

これでお椀もピッタリくっつきます。

お椀のように表面がデコボコした素材に水を塗ることで表面が平らになり

ラップがよくくっつくようになります。

ラップの素材ごとに使い分ける

ラップの素材は色々あり用途に合わせて使うといいそうですよ。

塩化ビニル樹脂

塩化ビニル樹脂のラップ

伸びがよく容器にくっつきやすい

ポリ塩化ビニリデン

ポリ塩化ビニリデンのラップ

匂いや湿気を通しにくい

家庭で最も使われているラップ

サランラップ、クレラップなど

ポリエチレン

お手頃価格で家計に優しい

 

ラップの特徴を知って上手に使い分けましょう。

ラップの切り口がわからない

ラップの切り口が見つからないとイライラしますよね。

そんな時は乾いたスポンジでやさしくこするといいそうです。

 

ミカンのネットにいれるのも同じ効果があるそうです。

 

ラップがビーチで活躍

ラップで写真を取りたくてもスマホに砂がかかるのが気になりますよね。

そんな時、ラップが便利です。

 

ラップをマイてもスマホの操作ができるので砂よけにおすすめです。

上手にスマホにラップを貼る方法

スマホにラップを巻く時空気が入ってしまうと指で引っかかったりして破けたりして

うまく写真が撮れません。

上手にスマホにラップを貼る方法です。

  • ポリ塩化ビニリデンのラップを使う
  • スマホの液晶画面をクロスなどのきめの細かい布で拭く
  • セロハンテープで細かいホコリを取る
  • 柔らかいカードで空気を抜く
  • 軽く引っ張りながら沿わせていくことを繰り返す
  • 裏面のレンズのある部分にはラップが重ならないように折りたたむ

これで海でも砂埃を気にせずスマホで写真が撮れますね。

※ただし、長時間ラップを巻いたままだと携帯の熱を逃がしにくいので壊れる恐れもあります。ビーチで写真を撮ったらラップを取りましょう。

ラップがうまく切れない

ラップがうまく切れない、これもありがちですね。

ラップではなく箱を動かすのがポイント

上手にラップを切るコツは

  1. 箱をしっかり抑える
  2. 内側に箱を回す

今回のあさイチのラップ特集ためになりましたね。

塩化ビニル樹脂、ポリ塩化ビニリデンは使ってましたが

ポリエチレンのラップは買い置きしてなかったです。

3種類揃えるところから始めたいと思います。