ちょっと気になるかも

グルメ・料理レシピ、健康・ダイエット、芸能情報、かわいい猫などちょっと気になることを配信しています


凍み大根で高血圧コレステロールを改善 サタデープラス2/27

2月27日のサタデープラスでは高血圧、コレステロール改善の日本古来の食材として凍み大根が紹介されました。

血管を若返らせお肌の老化を防いでくれるという嬉しい食材です。

コレステロールを減らし代謝がアップ、さらに美肌効果も期待できる長野の郷土食「凍み大根」とは?

 長野県など乾物を上手く取り入れている地域は長寿の方が多いそうです。

f:id:anonahan:20160227014251j:plain

 

凍み大根とは?作り方は?

f:id:anonahan:20160227022153j:plain

寒い地方の冬の保存食として作られます。私の住んでいる東北岩手では大根を縦に割って大根を茹でたものを箸で穴を開けて紐を通して家の軒など外に吊るして凍らせます。

 

大根の切り方は輪切りにする地方も多いようです。

 

日中は溶けて水分が落ちる→夜の寒さで凍る。これを繰り返すと段々水分が抜けてきます。

(岩手では凍み大根のことを寒干し大根と呼びます)

凍み大根の作り方
  • 大根を輪切りにして5分茹でる
  • 真ん中に穴をあけてわらを通して軒に吊るす(藁がなければビニール製の紐に通します)
  • 凍結と解凍を繰り返し乾燥させる。

凍み大根づくり

凍み大根が老化を防ぐ秘密とは

凍み大根が乾燥する家庭で細胞が壊れます。このことにより栄養素が腸管から吸収されやすくなります。

濃縮された栄養素が体内に吸収されやすくなります。

凍み大根が血管やお肌の老化を防ぐ理由

  • 血管を障害する大きな原因は高血圧です。

高血圧は塩分のとりすぎ、ナトリウムが悪さをします。ナトリウムを追い出してくれるカリウムが凍み大根には多いので高血圧改善が期待できます。

 

凍み大根の食物繊維が悪玉のコレステロールを腸から吸収するのを抑えてくれる。

  • 動脈硬化を防ぐ
  • 悪玉コレステロールを制御
  • 腸内環境を整え肌の老化を防ぐ

凍み大根を食べている地域の肌年齢

凍み大根を食べている地域の方の肌年齢を測定したところ(8名測定)

平均-11歳 

10歳位上も肌年齢が若いとは恐れいりました。

凍み大根のパワー凄い。

凍み大根を使ったレシピ

凍み大根は水で戻して使います

煮物にすると味が染みて美味しいです。

  • 煮物
  • 味噌汁の具(豚汁はおすすめ)
  • ホルモン鍋
  • すき焼き

などに凍み大根を使うと美味しいです。

 

サタデープラスで紹介されたレシピ

凍み大根の田舎煮
  • 凍み大根と乾物のニシン、昆布、干した芋がら、人参、昆布などと一緒に煮込む
凍み大根汁
  • 鶏肉と野菜の旨味がたっぷりのこの時期体の芯まで温まる汁物。
  • コクが有り優しい味わい。
凍み大根入り蕎麦 信州そばの凍み大根仕立て
  • 蕎麦と凍み大根を一緒に食べると凍み大根がスープを持ってきてくれる。

家庭で凍み大根の作り方

家庭で凍み大根をつくるには大根を冷凍して日中は干すを繰り返すと作れるそうです。

冷凍大根を解凍して干し、夜間は冷凍庫で凍らせを数日間繰り返しても作れました

関連記事