ちょっと気になるかも

グルメ・料理レシピ、健康・ダイエット、芸能情報、かわいい猫などちょっと気になることを配信しています


夏蜜柑まるごと砂糖漬けがケンミンショーで話題光國本店の夏みかんの丸漬け

 6/25に日の秘密のケンミンショーで山口県萩市の銘菓夏みかんの丸漬けが話題になりました。

 

 一箱1200円もするとう高級スイーツ。見た目もインパクトがありご贈答にも喜ばれるそうです。

 すべて手作りで一日80個作るのがやっとだそうです。

夏みかんの丸漬けが作られるようになった理由は?

 萩市は夏蜜柑発祥の地だそうで明治に入ってあまりにも沢山夏蜜柑ができはじめたので明治13年に夏みかんの皮を砂糖漬けにして販売した。大正5年に三代目がもっと変わったものを作りたいというこで和菓子屋の特徴を生かして夏みかんの中に白羊羹を流しこんがお菓子を作ったところとても面白いということで今日にいたっているそうです。

 作り方

  • 萩産の夏みかんを使用
  • 皮をむく。おしりの部分に穴を開ける
  • 中身を掻きだす。(中身は使わない)
  • 皮を一日水につけてアク抜き
  • 皮を湯がき柔らかくする
  • さらに一日水にさらす
  • 大正時代から継ぎ足した秘伝の糖蜜に夏みかんの皮を入れる
  • 夏みかん風味の白羊羹を作る
  • 糖蜜に浸けた皮に白羊羹を流し込む
  • 白羊羹を固めるために常温で一日置く
  • 固まったら表面の羊羹を削ぎ落とす
  • 一日乾燥させる(ここまで5日間)
  • 仕上げにグラニュー糖をまぶす

 気になるお味は?

  • 羊羹が夏みかんの香りがしてフルーティでゼリーのよう
  • 甘すぎないし夏みかんの香りがすばらしい

萩の光國本店の夏みかんの丸漬け上品で美味しそうですね。