ちょっと気になるかも

グルメ・料理レシピ、健康・ダイエット、芸能情報、かわいい猫などちょっと気になることを配信しています


【ぴったんこカン・カン】藤山直美、藤山寛美が愛した飴「大つヽ(おおつつ)」

8月12日のぴったんこカン・カン前半のゲストは

藤山直美さんでした。

 

藤山直美さん、父親の藤山寛美さん、

親子二代で愛した「するがや祇園下里」の飴「大つヽ(おおつつ)」

にまつわるエピソードをまとめました。

f:id:anonahan:20160812203827p:plain

目次

飴菓子の名店 するがや祇園下里

江戸時代の終わり1818年から祇園で営業を続ける飴の名店です。

創業当時から手作りの飴は映画監督小津安二郎など多くの著名人に

愛されてきた老舗です。

 

藤山寛美さんが大好物だった飴

大つヽ(おおつつ)は黒糖と生姜入りの飴を

せんべいで包んだ名物です。

 

藤山直美さんも手土産にこの大つヽ(おおつつ)をよく使うそうです。

 

飴はしっかりとした硬さのある飴なので

口の中で長持ちします。

 

生姜がたっぷり入っているので喉にいいそうですよ。

 

大つヽ(おおつつ)の由来

大砲の弾のような飴だったので大つヽ(おおつつ)と

名前が付いたそうです。

 

日露戦争の頃のお菓子だそうです。

とても歴史のある飴なんですね。

 

一袋864円とお求めやすい価格です。

 

店舗情報

するがや祇園下里

京都市東山区祇園末吉町80

電話 075-561-1960

大つヽ(おおつつ)に関するツイート