読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっと気になるかも

グルメ・料理レシピ、健康・ダイエット、芸能情報、かわいい猫などちょっと気になることを配信しています


【その原因、Xにあり】大腸がん、かぼすを食べて予防

5月12日の「その原因、Xにあり!」からの情報です。

”大腸がんが日本一少ない大分県 かぼすを食べて予防!”

詳しいことが気になったのでまとめてみました。

f:id:anonahan:20170512192322j:plain

 かぼすが長寿の秘訣

かぼすの生産が日本一の大分県、

その生産量の半分を大分県で消費するそうです。

 

かぼすの取れない時期は

かぼすを絞った果汁を冷凍して

使うという大分県民は大腸がんが

少ないそうです。

 

かぼすのナリンジンが大腸がんのリスクを下げる

かぼすには大腸がんのリスクを下げる

効果が期待出来ると言われています。

 

かぼすに含まれるナリンジンは

大腸内の活性酸素を減らし細胞のがん化を抑える働きがあります。

 

かぼすを使ったレシピ

かぼすといえばポン酢にして鍋に使うくらいしか

調理法がイメージできませんが

地元、大分県ではお味噌汁もかぼすを絞って入れるそうです。

 

かぼすは種が多いので切り込みを入れた方を上にして

絞ると種が落ちないで絞れるそうです。

 

かぼすの皮にナリンジンなどの有効成分が多く含まれるので

皮を料理に使うといいですよ。

 

刺し身にもかぼす

新鮮な刺し身にかぼすの皮を振りかけ

かぼすで作ったポン酢しょうで頂きます。