読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっと気になるかも

グルメ・料理レシピ、健康・ダイエット、芸能情報、かわいい猫などちょっと気になることを配信しています


【その原因Xにあり】下半身太り解消!子宮冷え取りエクササイズの方法、やり方

f:id:anonahan:20161104205156j:plain

11月4日の「その原因、Xにあり!」では

下半身太りの原因を解明し内臓脂肪が4分の1に減る方法が

公開されました。

これは凄い情報ですね!

覚えて早速実践したいと思います。

 

目次

ホラン千秋も部分痩せに悩む

モデルでタレントのホラン千秋さんも

部分痩せには悩んでいる様子で

「部分痩せって難しいですよね、そこだけを痩せたいんですが

なかなか痩せないんですよ」

とコメントしていました。

下半身太りの原因は子宮冷えにあり

一般的には下半身部取りはむくみと運動不足が原因ですが

なんと、子宮冷えにあるそうです。

子宮冷えは支給の周りの血管の血流が滞ることです。

ほおって置くと酷い生理痛や生理不順の原因になります。

 

下半身全体の血流が滞り老廃物が溜まるので

代謝が悪くなり脂肪が付きやすくなります。

これが下半身太りの原因です。

子宮冷え取りエクササイズの方法

一日およそ3分で出来る!

子宮冷え取りエクササイズの方法が3つ紹介されました。

 

子宮を中心とした

  • 子宮周り
  • お尻、太もも
  • ふくらはぎ

下半身を3つに分けてそれぞれの筋肉に

アプローチして下半身全体の血流を促すエクササイズ。

フラミンゴ

一つ目は子宮周りの血流を促すエクササイズです。

 

  1. 脚を肩幅に開き、腕を肩まで上げて横に伸ばす
  2. 足を反対側の膝まで持ち上げ、上半身をゆっくりねじりゆっくりと戻す
  3. この動きを左右5回2セット行います

足が上がらないときはつま先立ちでOKです。

つま先立ちで行うときのポイントは

お腹をへこませることで

足を上げたとこと同じくらいの負荷がお腹にかかります。

 

”フラミンゴ”を行ったホラン千秋さんの感想は

「体がほくほくしてきた」そうです。

バランス感覚や体幹も鍛えられそうですね。

 

スケーターキック

二つ目はお尻から太ももまでの血流を促す”スケーターキック”です。

背もたれの付いた椅子を使って行います。

  1. イスの背もたれに手を置き 足を肩幅に開く
  2. 軽く屈伸した後片足を後ろに蹴り、かがむ。同じように反対側の足も行う
  3. 左右交互に30回行います。※つらい方は足を少し上げるだけでもOK

※足を思い切り上げる必要はありません。

床から5cmくらい上げるだけでも効果は期待できます。

むりせず行いましょう。

 

モグラたたきスクワット

最後はつま先まで一気に血流を促す”もぐらたたきスクワット”です。

  1.  足を肩幅に開き 頭の上で手を組む
  2. 軽く屈伸したあとはかかとを上げて背伸びをする
  3. かかとをゆっくり降ろす
  4. この動きを10回行う

膝の曲げ伸ばしは無理しない程度に行います。

 

3つのエクササイズを順番に行うことで

子宮周り、お尻、太もも、ふくらはぎの筋肉を刺激します。

血管のポンプアップに繋がり下半身の血流を良くします。

 ※3つのエクササイズを朝晩行います。

 

 子宮冷えが改善できると生理痛改善の効果が期待されます。

下半身部取り、生理痛にお悩みの方は

子宮冷え取りエクササイズを取り入れて下さいね。