ちょっと気になるかも

グルメ・料理レシピ、健康・ダイエット、芸能情報、かわいい猫などちょっと気になることを配信しています


【サタデープラス】山うにとうふで血管が若返る秘密とは?

5月21日のサタデープラスからの情報です。

樫の木豆腐を味噌漬けにした山うにとうふで血管が若返る秘密とは?

目次

樫の木豆腐とは

熊本県五木村で作られる樫の木豆腐はとても硬い。

普通の豆腐の栄養価の3倍あるといいます。

 

豆腐の原料になる大豆にに含まれるグリシニンは

動脈硬化の原因となる中性脂肪やコレステロールを減らす働きが

確認されています。

このグリシニンというタンパク質が通常の豆腐の3倍入っているんです。

 

樫の木豆腐を常用している五木村の30代から80代の血管年齢を測定したところ

10人中7人が実年齢よりも若かったそうです。

  • 53歳→47歳 (マイナス6歳)
  • 79歳→69歳 (マイナス10歳)

山うにとうふとは

 「山うにとうふ」は聞き慣れない食材ですが

豆腐に重しを乗せて水分をだした樫の木綿豆腐を

3~6ヶ月秘伝のもろみ味噌に漬け込んで作った豆腐の味噌漬け。

まるで「うに」のような濃厚な食感なので「山うにとうふ」と呼ばれています。

手間ひまかけて作られているんですね。

 

発酵した味噌と豆腐の組み合わせで栄養的なバランスが

樫の木豆腐よりもよくまります。

 

お味噌に含まれるビタミンBは脳の活動や機能に非常に重要な働きをします。

つまり、山うにとうふは豆腐の血管を若返らせる効果にプラスして

味噌の持つ脳を活性化させる効果が加わります。

 

大豆に含まれる大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た働きをするので

お肌によく保湿効果も期待できます。

 

山うにとうふの美味しい食べ方

  • 熱々のご飯に山うにとうふをのせて頂く
  • 猪肉のや山うにとうふあえ(豚肉や鳥肉でもOK)

山うにとうふ熊本のアンテナ・ショップやネット通販でも購入できます。