ちょっと気になるかも

グルメ・料理レシピ、健康・ダイエット、芸能情報、かわいい猫などちょっと気になることを配信しています


【サタデープラス】枝豆が美肌の最強食材のわけ

 7月23日のサタデープラスからの情報です。

アンチエイジングのカリスマ、澤田彰史Dr.が

お肌のために食べてい肌若返りの食材は?

f:id:anonahan:20160723093334j:plain

 

目次

枝豆が美肌の秘訣

澤田彰史Dr.はマイナス12歳の美肌の持ち主です。

美肌の名医が太鼓判を押す食材は枝豆でした。

 

枝豆は食物繊維が豊富なのはもちろんですが

ビタミンCとタンパク質が同時に摂れるという珍しい野菜なんです。

 

ビタミンCとタンパク質を同時に摂ればコラーゲンが育成されます。

枝豆は究極の美肌食材だったのですね!

 

枝豆の生産日本一の新潟県で調査

澤田彰史Dr.が美肌なのは日頃のお手入れの賜では?

という疑問からサタデープラスでは枝豆の生産日本一の新潟県で調査。

 

生産地の方の肌年齢を測定すると

16人中15人が肌年齢がマイナスという結果に。

 

やはり枝豆は肌若返りの食材だったのですね。

枝豆の栄養分を逃がさない調理法は蒸し焼き

枝豆のビタミンCは長時間水煮晒すと成分が溶け出してしまいます。

少ない水で調理する蒸し焼きがおすすめの調理法です。

 

蒸スことで栄養素を逃さず栄養を摂取でき

旨味成分も凝縮されます。

 

生産農家の枝豆レシピ

  • 枝豆入りの餃子
  • 枝豆の煮こごり

色々なアレンジ料理があるんですね。

枝豆には二日酔いを防ぐ効果

枝豆には二日酔いを防ぐ効果

枝豆とくればビール!という方も多いと思いますが

枝豆には二日酔いを防ぐ効果があるそうです。

 

枝豆に含まれる蛋白質おエチオニンという成分が

肝機能を助けてアルコールの分解をすすめるそうです。

 

お酒のつまみにも枝豆は最強なんですね。

 

化粧品も冷蔵庫で保管

澤田彰史Dr.によるとクリームや化粧水の有効成分は熱で分解されてしまうので

冷蔵庫で保管するのがベストだそうです。