ちょっと気になるかも

グルメ・料理レシピ、健康・ダイエット、芸能情報、かわいい猫などちょっと気になることを配信しています


楽チン家庭菜園のやり方 マツコの知らない世界 5/19

 家庭菜園を始めてもだんだん面倒になって挫折してしまうことありますよね。

5月19日放送のマツコの知らない世界では

「今から始めれば夏に間に合う!楽チン家庭菜園のやり方教えます!」という特集をやってました。

講師は今まで育てた野菜2000種類以上、深町貴子先生です。

 

5月は家庭菜園を始める一番に良いタイミング

今から家庭菜園を始める方は

時分が一番食べたいものを育てるのがテンションあ上がるので良い。

 

おすすめの野菜

1.枝豆

挫折知らずの野菜、枝豆だそうです。

枝豆はプランターで育てることが出来きるんです。

ベランダで採った枝豆で頂くビールは最高だそうです。

今から育てるのは早生種、極早生種がおすすめ。

極早生種なら70日で収穫出来ます。

2.いちご

挫折知らずの野菜2番めは水さえあればすくすく育ついちご。

いちごの特性は夏の暑さに弱い。冬を越して初めていちごは花がつきます。

寒い時期はなんとなく水を上げるのを忘れてしまいがちなので注意が必要です。

四季なりイチゴ

5月からでも夏に間に合う品種

完熟イチゴを試食したマツコさん

「この状態で熟したからコクがぜんぜん違う」と家庭菜園のいちごを絶賛。

3.しいたけ

原木を使ってたった一週間で収穫できます。

木の成分をたべているので木の子供で「きのこ」というそうです。

スーパーで売られているキノコは原木が少ないので原木で育てたキノコは木の香りがして味も全然違うそうです。

キノコの菌をつけた原木が売っているので

  • 原木を打ち付けて刺激を与える
  • 原木を水煮浸すことでしいたけ菌が出てくる

4.サツマイモ

シルクスイートがおすすめ

 

培養土袋に苗を指すだけ

これで秋には収穫ができる。

※培養土袋のしたには水抜き用の穴を開けることが必要です。

 

5.スイカ

プランターで作れる。

育てるのは簡単だが大きく甘くするにはコツがある。

スイカを育てるには日当たりが良いことが条件のようです。

 

水耕栽培

スポンジに種を植えて容器の水に入れておくだけ

LEDライトで室内で育てるとインテリアとしてもお洒落。