ちょっと気になるかも

グルメ・料理レシピ、健康・ダイエット、芸能情報、かわいい猫などちょっと気になることを配信しています


【世界一受けたい授業】炭水化物を食べてダイエット!ご飯を食べて本当に痩せられるの?

 最近のダイエットの主流は炭水化物をほとんど食べない低炭水化物ダイエットですよね。しかし真逆のダイエット方法「炭水化物を食べてダイエット」が7月25日の世界一受けたい授業で取り上げられていました。

京大の肥満研究の権威 森谷敏夫先生考案の「京大式ダイエット」とは

 炭水化物をなるべく摂らないダイエットが主流になってきているので「本当に炭水化物を食べてもダイエットができるのですか?」と疑問に思いますよね。

 

 ダイエットには糖質を摂るべき理由は次のとおりです。

 脳を動かす唯一のエネルギーが糖質です。

1日2000kcal摂る場合その2割に当たる400gが脳のエネルギーとして使われます。おにぎり2.5個分は絶対に脳にとって必要な栄養素なんです。

 その糖質は四倍の水分と結合してグリコーゲンとして体内の筋肉に蓄えられるため筋肉はみずみずしい。

 

 炭水化物を抜くダイエットを始めると脳の糖質が不足し、先ず肝臓に貯蔵していた糖質を使うがすぐに無くなり筋肉に貯蔵していたグリコーゲンを水と糖質に分解し脳のエネルギーとして使ってしまいます。

 

 炭水化物を抜くダイエットをすると体重は落ちますがグリコーゲンが分解した水が外にでてるだけ。つまり水分が減って痩せているだけの状態なのです。

 炭水化物を抜くダイエットが辛くて炭水化物を食べると今度は4倍の水と結合して体重が増える。これを繰り返しているから「ご飯を食べると太る、食べないと痩せる」という経験をしている。

 

 炭水化物抜きのダイエットをしていると

  • 眠い
  • 頭が働かない

 などの経験をされた方も多いと思います。脳に栄養が行き渡らない結果そのような状態になるんですね。

炭水化物を抜いて体重が落ちているのは水の泡ダイエット

やはり過度な炭水化物抜きダイエットは駄目なんですね。

 

炭水化物抜きダイエットをやり続けるデメリット

 炭水化物抜きダイエットを長期間やり続けると

  • 筋肉が段々やせ細る
  • 体重は減るけれど体脂肪は減らないので隠れ肥満になる

20年間食べ続けると死のリスクが高まる

 20年間炭水化物抜きの食事を続ける炭水化物を含んだ食事をしている人に比べてがん、心疾患などのリスクが高まるそうです。

  • 男性 1.5倍
  • 女性 1.35倍

 炭水化物をしっかりとっていると、脂肪やタンパク質をあまり摂らなくても良いが炭水化物抜きだと脂肪やタンパク質を多く摂らないといけない。そのような食生活を続けると隠れ肥満になったりガンになるリスクが高まるそうです。

隠れ肥満を見分けるポイント

 体脂肪を量らなくても体のある部分を見れば隠れ肥満だとわかるそうです。

ある部分とは足首です

 筋力がないと重力でしたに引っ張られるのでいわゆる「ゾウさんの足」のようになったら隠れ肥満に注意が必要です。

 

 炭水化物を食べてバランスの良い食事をすれば決して太るわけではないそうです。

エネルギーの60%を炭水化物で摂ると良いそうです。

 例えば 500kcalの食事なら300kcalの炭水化物、その他のおかずが200kcalとなります。

 意外とご飯中心の献立ですね。

 炭水化物抜きのダイエットは絶対に無理と思っていた私にとっては朗報でした。

とにかく極端なダイエット法はヤラないほうがよさそうですね。