読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっと気になるかも

グルメ・料理レシピ、健康・ダイエット、芸能情報、かわいい猫などちょっと気になることを配信しています


【その原因Xにあり】紅茶で骨粗しょう症が改善!カルシウムを摂っただけではダメ?

2月10日の「その原因、Xにあり!」からの情報です。

骨粗しょう症予防にはカルシウムだけでは不十分、

破壊細胞を抑制するには紅茶を飲むのが効果的!

f:id:anonahan:20170210230103j:plain

目次

骨粗しょう症対策に紅茶が良い理由

骨粗しょう症の予防には

カルシウムの摂取をすぐに思い浮かべますが

それだけでは不十分。

カルシュウムだけでは

骨を破壊する破骨細胞を減らすことはできません。

 

そこで、破骨細胞を減らす成分を摂取することが必要となりますね。

紅茶に含まれるテアフラビンという成分が

骨を破壊する破骨細胞を減らす効果があるということが

わかったそうです。

 

テアフラビンとは紅茶の赤い色の元になる成分で

茶葉を発酵させる時に出来るものなんですって。

 

紅茶の中でもアッサムティー

テアフラビンが最も多いそうです。

テアフラビンのランキングは次のとおりです。

  1. アッサム
  2. キームン
  3. ダージリン
  4. セイロン
  5. ウバ

高茶を飲む時間帯

破骨細胞、骨芽細胞も活性化するのは寝ている時。

紅茶を飲む時間帯は

夕食後がおすすめ。

ただし、カフェインが紅茶には多く含まれているので

飲みすぎると眠れなくなるので注意が必要です。

骨粗しょう症 関連記事