ちょっと気になるかも

グルメ・料理レシピ、健康・ダイエット、芸能情報、かわいい猫などちょっと気になることを配信しています


【世界一受けたい授業】紫外線対策に日傘が効果的、服の素材はポリエステルがおすすめ

5月7日の世界一受けたい授業の一時限目は「紫外線」でした。

生活紫外線が一番多い5月。

気になる肌の奥に潜む隠れジミ。

それを減らす意外な野菜とは?

太陽紫外線研究の一人者、東海大学名誉教授

佐々木政子先生が教えて下さいました。

目次

2種類の紫外線

シミ、シワ、皮膚がんの原因にになる紫外線は2種類あります。

UV-A

UV-Aは太陽から地表に届く紫外線の95%を占めます。

窓ガラスを通って室内へも入り込み、意識しないで浴びているので

「生活紫外線」とも言います。

この紫外線は肌の奥まで届きコラーゲンにダメージを与えます。

UV-Aが一番多いのが5月です。

UV-B

UV-Bは肌の奥までは届かないが皮膚へのダメージが強い。

UV-Bは地表へ届く紫外線のわずか5%ですが

エネルギーが強く浴びすぎると炎症を起こしたり、皮膚がんの原因にもなります。

日焼けをしやすいのは男性、それとも女性?

日焼けをし易いのは女性よりも男性。男性は女性よりも

少ない紫外線量で日焼けします。

なぜ男性が女性よりも日焼けしやすいかは解明されていないそうです。

肌タイプにより日焼けの仕方の違い

日焼けは肌タイプにより3つに分類できます。

  1. すぐ赤くなりわずかに黒くなる
  2. 赤くなった後いつも黒くなる
  3. あまり赤くならずすぐ黒くなる

日本人で一番多いのは2のタイプです。

 

この3つの紫外線のタイプで一番紫外線の悪影響を受けやすいタイプは

1の「すぐ赤くなりわずかに黒くなる」タイプです。

日本人に多い2のタイプに比べて皮膚がんなどの発生リスクが3倍から5倍あります。

日傘の効果

日傘をさすとUV-Aを約95%カットすることが出来ます。

 

日傘は地面から反射する紫外線はブロックできませんが

地面の反射の紫外線量はわずかなので気にする必要は無いそうです。

 

紫外線対策に日傘を活用することは意味のあることなんですね。

UV-Bは服の素材によって素肌に浴びる紫外線量に違いがある

紫外線を通しづらい服の素材は綿よりもポリエステルです。

ポリエステル分子が紫外線を吸収してくれるそうです。

 

色は白でも黒でも違いはありませんが

黒は熱を吸収してため込んでしまうので熱中症予防の意味合いとして

白がおすすめです。

 

紫外線を浴びることで出来る

隠れジミにはにんじんのβカロテンで減らすことが出来ます。