読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっと気になるかも

グルメ・料理レシピ、健康・ダイエット、芸能情報、かわいい猫などちょっと気になることを配信しています


【その原因Xにあり】舞茸(まいたけ)を鍋に入れることにより太りにくくなる!

f:id:anonahan:20161202190502j:plain

12月2日放送の「その原因、Xにあり!」は

「太っちゃう鍋の原因、まいたけ不足にあり!」

という内容でした。

鍋を食べても太らないというダイエット方法が

気になったのでまとめてみました。

目次

鍋に舞茸をプラスすると太りにくくなる

鍋に舞茸をプラスすると太りにくくなるそうです。

 

舞茸に含まれているMXフラクションは

次のような働きがあります。

  1. 肝臓で作られすぎた脂(コレステロール)を外に排出する働きがあります。

  2. コレステロールを作る酵素の働きを制御
  3. 腸の働きを活発にし栄養分の吸収を抑える働き

舞茸の摂取量

舞茸がダイエットに良いということは分かりましたが

一日どれだけ食べればいいの?

 

舞茸は1パック約100g入っていますが

摂取量の目安は

  • 一人 50g

舞茸を食べるときのポイント

舞茸を食べるときのポイントは

  • 汁も一緒にたべること。

舞茸は水溶性食物繊維なのでお鍋のおつゆも

一緒に摂ることが大切です。

 

シメの雑炊も食べてもOKです。

 

舞茸と一緒に食べると良い食材

舞茸と一緒に食べると良い食材は

青ネギです。

 

舞茸や豚肉に含まれるビタミンB1

ねぎなどに含まれるアリシンがくっつくと

アリチアミンとなります。

 

アリチアミンは糖をエネルギーに変えるビタミンB1

の消化、吸収を促進する働きがあります。

 

ねぎの代わりに

  • ニンニク
  • ニラ

でもよいそうですよ。

 

鍋にネギ、ニンニク、ニラ、どれも相性がいいですね!

 

ねぎを鍋に入れるときのポイントは

  • ねぎはできるだけ細かく切る(みじん切り)

細かく切ることで細胞が壊れ多くのアリシンが出ます。

  • アリシンは熱に弱いので加熱すると成分が消えるので食べる直前に加える

ねぎは薬味として使うと効果がアップするということですね。

 

まとめ

鍋を食べても太りたくない人は

舞茸を鍋に加えましょう。

 

鍋にねぎを加えると効果がアップ!

ねぎはできるだけ細かく刻んで食べる直前に加えましょう。

 

私も鍋を食べて太りたくないので

「その原因、Xにあり!」で紹介された

鍋の食べ方実践したいと思います。

 

関連記事