ちょっと気になるかも

グルメ・料理レシピ、健康・ダイエット、芸能情報、かわいい猫などちょっと気になることを配信しています


サタデープラス|こじるりが蒸ししょうが生活で低体温改善 3/5

f:id:anonahan:20161029194857j:plain

名医がすすめるスーパー調味料「蒸ししょうが」

3月5日放送のサタデープラスでは冷え性に悩まされているこじるりこと小島瑠璃子さんがスーパー調味料蒸ししょうがを10日間体験。果たして体質改善できるのでしょうか。

 

日本人の平均体温は下がっている

  • 1957年 36.9℃
  • 2012年 36.2℃

なんと0.7℃も体温が低下しています。

体温が1℃下がると免疫力は30%落ちてしまいます。

蒸ししょうがとは?

蒸しショウガは以前あさイチで紹介されて大きな反響を呼んでいました。根生姜を繊維にそってスライスし蒸してから乾燥させたもの。

 

生のしょうがはジンゲロールという辛み成分が含まれており血流が良くなる作用がありますが深部の体温はやや下げてしまいます。

ショウガオールは胃腸を触接刺激して体の中から熱を生産します。

生のショウガを蒸して乾燥させるとジンゲロールの一部がショウガオールに変化し全身を温める効果がパワーアップします。

 蒸ししょうがはどの位摂ればいい?

1日小さじ1杯で体温は上がります

あさイチ流蒸ししょうがの作り方

1.ショウガのしま模様に注目。その繊維の目に沿って厚さ1~2ミリ程度にスライスする。
2.蒸し器の中にクッキングシートまたは、蒸し布を敷いて、ショウガを重ならないように並べる。
3.おおよそ30分程度蒸す。
4.天日なら丸1日。室内なら1週間程度干す。

「ショウガは身体を温める→さらなるスーパーショウガが!」ダイエットにも【ウルトラ蒸しショウガ】 - NAVER まとめ より引用

 サタデープラスで紹介されたオーブンで作る蒸ししょうがの作り方

あさイチのレシピよりも簡単になっています。

  • ショウガを洗って皮ごと薄切りにする(できるだけ薄くスライスするのがポイント)
  • スライスしたショウガをトレーに並べる
  • 100℃のオーブンで1時間乾燥させる
  • 料理に使いやすいようにミキサーやすり鉢で粉末状にする

オーブンが蒸すことと乾燥することを一度にやってくれます。

これは凄いですね!

 

 加熱することでショウガオールは生の時の10倍もアップし体温アップ効果も10倍になります。

www.lettuceclub.net

※注意:電子レンジで作ると発火の恐れがあります。

蒸ししょうが保存期間

出来上がった蒸ししょうがは瓶に詰めて常温で3ヶ月間持つそうです。

蒸ししょうがのレシピ

  • 味噌汁
  • 蕎麦
  • うどん

などにちょい足しする。

小島瑠璃子さんが蒸ししょうが生活にチャレンジ

ウィルスやがん細胞を退治する重要な免疫細胞、NK細胞

小島瑠璃子さんのNK細胞の数248/ul

(正常値は290/ul)

免疫力が低く風邪を引きやすいそうです。

低体温が原因だと名医に診断されてしまいました。

10日間1日小さじ1杯の蒸ししょうが生活をこじるりが開始

蒸ししょうがは粉末なので持ち運びに便利。携帯して食事に振りかけて食べるこじるりさん。

  • おがずに振りかける
  • お茶やジュースに入れる
結果は

体温 35.9℃→36.5℃に

NK細胞の数 248/ul→290/ulまでアップ(正常値)

こじるりさんのコメント
  • 美味しいので楽に続けられる
  • コーンスープに蒸ししょうがが意外とあう
  • 生姜焼きなど元々ショウガが入っているものに重ねて使うのも美味しい

甘くてとろっとしているものに蒸ししょうがが合うそうです。

30代、40代、50代の低体温に悩む女性も蒸ししょうが生活

蒸ししょうがを摂取する前と後の変化は

30代女性 35.9℃→36.4℃

40代女性 35.8℃→36.4℃

50代女性 35.4℃→36.2℃

全員体温がアップしました。

 

※蒸し生姜を作るのが面倒な場合は

粉末の市販品を使うと便利です。

私もサタプラをみて買いましたが

飲み物や料理に入れて使っています。

体温が上がったかというと若干上がったかな?

という感じでしたが、手軽で便利なので

また無くなったらリピしたいです。

名医が実践する手軽に体温アップを期待出来る食材は?

腸のスペシャリスト松生恒夫ドクターが実践する、手軽に体温アップを期待できる食材は!?

オリーブオイル

松生ドクターは普段からオリーブオイルのちょい足しを実践しているそうです。

温かいものと一緒に摂るとポカポカ効果が持続するそうです。

 

冷たいものではなく温かいものにちょい足しするのがポイント

名医がおすすめの温かいオリーブオイルのレシピ

オリーブオイルでバナナを炒めたものが松生ドクターのおすすめレシピです。

バナナは食物繊維が豊富なので腸内環境を整えてくれるので温めてオリーブオイルといっしょに摂ると効果的。

オリーブバナナの作り方
  1. フライパンにオリーブオイルを引く
  2. バナナを入れて約3分温める
  3. 焦げ目が付いたら完成

関連記事