読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっと気になるかも

グルメ・料理レシピ、健康・ダイエット、芸能情報、かわいい猫などちょっと気になることを配信しています


認定電気工事従事者認定講習について、情報が更新されています。

認定電気工事従事者認定講習について、情報が更新されています(一般財団法人 電気工事技術講習センターのHP)。講習申込み受付期間や講習日程をご覧ください。特に、日程は地域によって異なっています。平日の場合は有給休暇など事前の準備が必要です。

 認定電気工事従事者認定講習について、情報が更新されています。

電気工事技術講習センターのHPに少しずつデータが追加されています。

平成28年度下期講習の概要、の部分ですが、正確な日程などが決まったようです。

 

講習申込み受付期間 

平成28年11月7日(月)~平成28年12月2日(金)
インターネットによる申込み(11月7日午前9時から申込みできます。)
申込み受付期間:平成28年11月7日(月)~12月2日(金)

12,500円(税込み)

講習地域および講習日程

地域によって異なります、たとえば、九州は福岡県福岡市、3月7日(火)です。

場所と日程が限られるため要注意です。

中国地方は広島県のみ、四国地方は香川県のみです。

大混雑して宿が確保できないようなことはなさそうですが、遠いと大変です。

九州は幸い、新幹線がありますので、かなり移動が楽になりました。

講習科目と講習時間

午前10時~午後5時 (一部変更の可能性あり)

長いのですが、頑張りましょう。


第1編 配線器具並びに電気工事用の材料及び工具 1時間30分
第2編 電気工事の施工方法 1時間30分
第3編 自家用電気工作物の検査方法 2時間
第4編 自家用電気工作物の保安に関する法令 1時間

 

講習を受けられる方はご存じのはずですが、

低圧であっても、自家用の電気工作物に触る場合は認定が必要です。

6,600Vでキュービクルで受電している場合は、必須です。

 

ちなみに、電気工事士(二種)がまだの方、あるいは、電験三種を考えている方は、

そろそろ準備をしましょう。

工事と管理の両方ができれば、より将来の可能性が広がります。