ちょっと気になるかも

グルメ・料理レシピ、健康・ダイエット、芸能情報、かわいい猫などちょっと気になることを配信しています


【金スマ】ベッキー金スマで復活!語られた内容は?

ベッキー金スマで語る!

中居さんが金スマでベッキーに心境をインタビュー。

嘘偽りない心境をベッキーが語りました。

 

目次

ベッキーの謝罪までの経緯

 金スマでベッキーが奥様に謝罪をする経緯が語られました。

川谷絵音とはもう関係が無いので奥様と一対一で謝罪したいと旨を語るベッキー。

5月2日に奥様と2日でベッキーは会うことが実現し謝罪をした。

 

ベッキー「来週、奥様に謝罪出来ることになったので」

 

中居「どういうこと?」

 

ベッキー「奥様に謝罪できることになったので」

 

ベッキー「私が奥様に謝罪させて頂きたいという気持ちをお伝えしたら、じゃぁ、ということで来週謝罪をさせていただくことになりました」

 

中居「いつぐらいからお会いしたい気持ちは?」

 

ベッキー「すぐお話致しまして、男性(川谷絵音)と私と3人ならいいと言われたんですけど(奥様から)

 

私は男性とは縁を切ったつもりだったので、出来れば一対一がいいんですけど、と言ったら

 

謝る立場なのに我儘いっちゃたんですよ、そしたら流れてしまって再度お願いしたらお受けいただいて、

 

その場では奥様に気持ちを伝えることなので男性(川谷絵音)には関係無いですし」

 

 中居「元気だった?」

 

ベッキー「・・・なかったですね」

 

中居「今日話すことで一つだけ守ってほしいことはウソを言ってほしくない」

 

ベッキー「わかりました」

 

中居「言えないことがあるのなら、正直に『いえません、話せません』と答えて下さい」

 

ベッキー「わかりました」

 

中居「ベッキーは何が辛かった、何が苦しかったですか」

 

ベッキー「私は人を傷つけた側なんで、余り言える立場じゃないんですけど、私はこんな風に1人の女性を傷つけてしまったんだという大きさと私に届く厳しい声、

 

正直辛いものがありました。多くの方々に御迷惑をお掛けした、多くの方々を悲しませて閉まったこと。お仕事が出来ないこと。

 

こういう恋愛が出来るのかな、と思っていたのと現実が違ったこと」

 

中居「ベッキーの気持ちはベッキーにしか分らない。ベッキーの罪はベッキーの罪でしか無いかもしれない。うん。」

 

ベッキー「それだけひどいことをしてしまったので」

 

中居「何がひどいことでしたか?」

 

ベッキー「奥様がいる男性を好きになってしまって、その奥様を深く傷つけてしまいました」

 

ベッキー「お仕事関係の方々もそうですし、応援して下さった方々も傷つけてしまいました」

 

中居「傷つけてしまったのは直接1人かもしれないね」

 

ベッキー「そうですね」

 

中居「「あの会見にウソはありましたか」

 

ベッキー「ウソはありました」

 

中居「正直にいえませんでしたか?」

 

ベッキー「男性と出会って、好きになって、二人で出かけるようになって、奥様がいることを知って、あの、お互い気持ちがあるのは分かっていたから、正式なお付き合いはちゃんと離婚してからだね、という話になっていた」

 

中居「順番が間違っていたことに途中で気付いたんだね」

 

ベッキー「そうです、そこでブレーキをかければよかったんですけど、いや、友達のままでいようねと何度もあってしまって、これは友達なんだもんねと何度も言い聞かせながら会ってたので、記者会見で『付き合った事実はありません』というのは半分、いや、正式には付き合っていないという、、、」

 

中居「好きだったんでしょ、相手を好きだったんでしょ?で、恋はしてないの?」

 

ベッキー「いや、恋愛関係でした」

 

中居「恋愛関係なんでしょ?それ何?いまの?付き合ってはないというの?」

 

ベッキー「まぁ、、、」

 

中居「恋愛はしているけど付き合ってはいない、みたいな?」

 

ベッキー「子供の言い訳みたいだったんですよ」

 

中居「そこだね!俺意地悪だと思われてもいい、そこちゃんとしたほうがよさそうだね」

 

ベッキー「はい」

 

中居「下世話な話になっちゃうけど、わかるよ、でも、旅行に行って付き合ってないというのは通用しないんじゃないか」

 

ベッキー「はい、仰るとおりです」

 

中居「お付き合いはしてたんだよね」

 

 ベッキー「そうですね」

 

中居「気持ち的には」

 

 ベッキー「気持ち的に通った時点で不倫だと思います」

 

中居「うーん」

 

中居「ラインがでたんでしょ?」

 

ベッキー「会見の前の日に『ありがとう文春』と言ってみたり、、、これをきっかけに街を歩けるかもねとか、そのころ感情に溺れてお付き合いしたいとおもっていたので、、ごめんなさい。本当に」

 

中居「今、彼とは会ってますか?」

 

ベッキー「あってません。1月の中旬から連絡とってません」

 

中居「それって大丈夫なの? 環境がそうさせてしまったのか、相手のことが連絡も取りたくない人になってしまったのかわかんないんだけど?」

 

ベッキー「奥様の記事が出て初めて奥様の気持ちを知って、私はこんな風に人を傷つけたんだと、実際はこうだったんだと」

 

中居「別れるかも知れないから、付き合っちゃったけどスピードをゆるめていこうか、だから、そっちの準備ができているんじゃ無いのかな、(記事が)出ました、意外や意外、そんなことでも無かった」

 

ベッキー「自分の罪の大きさを更に知って、これは本当に間違った恋だったんだと知ってそこから連絡はとってないです」

 

中居「間違った恋だとなんで思ったんだろう?」

 

ベッキー「夫婦関係は破綻していると聞いていたので、これは間違った恋だという認識はありました、でも、そのうちあちらがお別れするかもしれないし、ちょっと順番が違うけど、という気持ちもあったりして。でも、実際のインタビューを読んだら、奥様は男性に対する気持ちもちゃんとあったし、奥様は長崎の実家に行かれることを楽しみにしていたことも書いてあって、そこに私が行ったわけですから、本当に最低なことをしたと」

 

中居「あの時はどんな次期?奥様がいることは?」

 

ベッキー「知ってました。ほんとうに最低なことをしてしまいました。」

 

中居「それをすっげー感じるんだ」

 

ベッキー「はい。そうですね。相手の立場に立って物を考えるということができてなかったですね」

 

中居「なんで行ったのかな?」

 

ベッキー「親戚のお子さんがいらっしゃって会わせたいということで行きました。私は自分の都合のいいようにとってしまったんですよね。実家ということは真剣に考えてくれているのかなという、浅はかな愚かな考えでした」

 

中居「誘われたんだ。来ない?」

 

ベッキー「はい」

 

中居「そんな機会があったら行きたいよね」

 

ベッキー「実家に絶対いっては行けなかったですよね。本当に愚かでした」

 

中居「いやぁ~好きだったんだよねぇ」

 

ベッキー「断る勇気が持てなかったです。断わってしまうと男性の気持ちが離れてしまうんじゃないかと思ってしまって、本当に情けないです。自分でも。」

 

中居「周りから見れば、それはてめぇの都合だとなるけど、好きになったらそうなのよ」

 

ベッキー「いやぁ、ブレーキをかけなきゃ。ブレーキをかけるポイントがいくつかあったけど毎回私はかけられず」

 

中居「好きだからしょうがない、と俺はおもうんだけどね、てめぇの都合だというのもあるよね。立場考えよう、奥さんの立場」

 

ベッキー「最低でした」

 

中居「もう好きじゃ無いんですか?」

 

ベッキー「好きじゃないです。勿論報道が出た後好きな気持ありましたし、正直報道が落ち着いたら何ヶ月後かに出会ってそこから始まるかな?という思いも正直ありましたけど、奥様の気持ちを知って自分の罪の大きさを知って、これは駄目だと」

 

中居「そうゆうふうになる?」

 

ベッキー「一瞬ではならないです。頭で考えて好きじゃない、好きじゃない、それに心が追いついていった感じです」

 

中居「いまベッキーは好き?」

 

ベッキー「好きじゃないです」

 

中居「凄い好きだったんだね」

 

ベッキー「それは、好きでした。ごめんなさい」

 

中居「ずっごい半年だったね。」

 

中居「ベッキーのファンの子いっぱいいるし、誠実なイメージもあるし、そんなイメージのベッキーが不倫した訳で、記者会見も歯切れ悪かった、ウソをついていたんじゃないか、その裏切りと言うのは否めないとこあるよね」

 

ベッキー「はい」

 

中居「見ている人に入れることあれば教えれくれるかな」

 

ベッキー「ファンの皆様、世間の皆様をお騒がせしてしまったこと、申し訳なく思っています。 1月の行った記者会見に沢山の間違いがありました。

 

言葉を届けるお仕事をしているのにもかかわらず、事実と違うことをお伝えして深く反省しています。人としてもプロとしても本当に最低なことをしてしまいました。

 

いろいろな方々を傷つけ悲しませてしまい、本当に深く深く反省しています。 お許しをいただけないと思うんですけども、また、このテレビのお仕事をゼロから、マイナスから頑張らせて頂きたいと思ってます」

 

中居「だね、今の言葉にはウソはないですね」

 

ベッキー「ウソは無いです」

 

金スマのベッキーのインタビューは本音で語られたと思います。

心に響きました。

 

今後のベッキーの活躍に期待したいです。

 

 

金スマでベッキー復帰の放送になった経緯

金スマでは茨城に田植えを手伝いにいくのが恒例となている。

出演者全員で参加するので自宅にいるベッキー参加するかどうかに声をかけた。

 

ロケの2日前にベッキーから参加すると返事がきたそうだ。

 

奥様が謝罪を受け入れてくださるまで放送しないというのがベッキーの条件だったが

今回奥様が謝罪をうけいれてくれたので放送する運びになった。

 

ベッキーの復帰についての反応

謹慎中だったベッキーが金スマで復帰しました。

3ヶ月も謹慎中だったんですね。

ベッキーの復帰を喜ぶツイートが多く見られました。

 

ベッキー見たくないというツイートも。

記者会見で「友達」と濁したことが逆効果でしたね。