読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっと気になるかも

グルメ・料理レシピ、健康・ダイエット、芸能情報、かわいい猫などちょっと気になることを配信しています


【世界一受けたい授業】正しい食品保存方法、レタスの保存には爪楊枝

f:id:anonahan:20160820205311j:plain

8月20日の世界一受けたい授業で

「年間6万5000円節約できる!?
ちょっと一工夫の食品長持ち術 最新版」

が放送されます。

年間65,000円ということは

月に割ると5,416円節約できるということですね。

徳江千代子先生が教えて下さいます。

目次

みんなが知りたい食品保存の方法

世界一受けたい授業ではみんなが知りたい食品保存方法を

ランキング形式で紹介していました。

5位 味噌の保存方法

味噌のシートは取らないほうが良い。

味噌は使ったらヘラで平にし、シートをかぶせます。

シートをうっかり捨ててしまった時はラップをかぶせます。

4位 手作り麦茶の保存方法

麦茶は急速に冷やしてから冷蔵庫に保存します。

ゆっくり冷ましてから冷蔵庫に保存すると3日目から菌が増えてきます。

水出し麦茶は悪くなりやすいので2日で飲みきりましょう。

 

3位 正しい果物の保存方法

ももはキッチンペーパーで包んで常温で保存します。

冷蔵庫に入れると変色してシワシワなり傷んでしまいます。

 

常温で保存したももは食べる3時間前に冷やすと美味しく食べられますよ。

 

2位 肉の保存方法

肉は空気に触れると酸化して傷みやすくなります。

長持ちする肉の保存方法は

  • 肉の表面をペーパーで拭く
  • 一枚ずつ空気が入らないようにラップ
  • 密閉袋に入れ冷蔵庫のチルド室で保存

冷凍する場合、そのまま冷凍すると肉の旨味が減ります。

肉を冷凍する前に氷水にサッとくぐらせるとと美味しく長持ち出来ます。

この時水分は拭き取りません。

水を切らずにラップして冷蔵庫へ保存します。

 

肉を氷水にくぐらせると氷の膜が出来ます。

この膜が肉の酸化や乾燥を防いでくれるんです。

 

第1位 野菜の正しい保存法

特売で買った野菜、腐らせないで美味しく最後まで使い切りたいですよね。

かぼちゃの保存方法

丸ごとの場合は風通しの良い場所で2~3ヶ月保存できます。

切ってしまと痛むのが早いので

  • 種はスプーンで綺麗に取り除く
  • 空気に触れないようにしてラップできっちり覆う
  • 野菜室で保存

レタスの保存方法

まるまる1個使い切れないレタス。

包丁を使うと金属で変色しますね。

  • 外から1枚ずつ剥がしてつかう
  • 残りを保存する

残ったレタスを簡単に長持ちさせる方法は

  • レタスの芯に爪楊枝を3~4本刺す
  • ポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室に保存

爪楊枝に刺すことでレタスが成長しようとする働きを弱めるので

美味しいまま保存できるんです。

 

知らなかった!目から鱗です。

早速試してみたいです。

その他食品の保存方法

いちごの保存方法

いちごは洗わないで保存。

いちごは洗うと水が残ってカビが生えたりします。

いちごは洗わないで保存するのが正解です。

 

はちみつは常温保存、

コーヒー豆は一回分ずつラップに包んで冷蔵庫に保存します。

 

徳江千代子先生の書籍

 

東京農業大学元教授・博士(農芸化学) 徳間千代子先生の著書、

「食品の保存テク」を読むと食品の管理がうまくなり

節約上手になりそうですね。

 

 関連記事

 あさイチで特集されていた家庭の食品ロスを防ぐ方法。