ちょっと気になるかも

グルメ・料理レシピ、健康・ダイエット、芸能情報、かわいい猫などちょっと気になることを配信しています


老眼の進行を遅らせる100円メガネ療法とは?

老眼の進行を遅らせる100円メガネで目の筋肉を和らげる方法とは?

駆け込みドクター 2月9日放送より

老眼鏡をかけて遠くを見ると視界がぼやけるのは、ピントを調整する筋肉が緩んだ状態になるからです。

 

老眼鏡を使って強制的に筋肉を緩めると眼球のこりがほぐれるそうです。

100円メガネ療法のやり方

  • 老眼鏡をかけて3mほど先を見る
  • この時ぼんやりとした視界をぼんやりと眺める
  • 1日5分程度が目安

※必死に見るとピントを合わせようと筋肉が働いてしまうので逆効果

 

そもそも老眼とはピントを合わせる力が弱くなっている。これを目のレンズが調整しているが年齢とともにレンズと周りの筋肉が固くなる。

 

そこで老眼鏡を使って周りの筋肉を緩めてやる。これが老眼の防止に繋がる。

老眼が始まる前からやるべき?

老眼の症状が出る前からこの100円メガネ療法をやっても眼精疲労を和らげる効果が期待できるそうです。

100円メガネ療法の老眼鏡の選び方

ピントの合っていないメガネでぼんやり見ることが大切なので度のキツメのメガネを選ぶと良い。

今持っている老眼鏡でも出来る?

今持ってい老眼鏡でも遠くを見ることで100円メガネ療法は出来ますが、出来れば合わないメガネのほうが良い。

 

100円メガネ療法、100円で買えるので気楽に始められますね。

 

ちょっと100円ショップ行ってくる。

 

 関連記事