ちょっと気になるかも

グルメ・料理レシピ、健康・ダイエット、芸能情報、かわいい猫などちょっと気になることを配信しています


眼トレで老眼が改善される!中高年から若者まで話題の老眼対策とは シューイチより

最近スマートフォンの普及などにより若い人にまで老眼が増えているらしいです。

司会の中山秀征さんも老眼でお困りのようで

「遠くも近くも見えない」そうです。

「新聞も読めないし台本も読めませんよ。やりたいことが出来ないんです。」

と訴える中山さん。

老眼の原因は筋肉の衰えだそうです。

まずは視力をチェック

0.6が見えるかどうかが老眼かどうかのボーダーライン。

見えなければアウトです。

 

眼の筋肉の衰えが老眼なんですが体全体の老化に密接は関係があるそうです。

老化を防ぐためには

  1. 生活習慣を整える
  2. 眼の筋肉を鍛える

そうか、歳をとれば老眼になって仕方がないと思ってましたが生活習慣を見なおしたり眼の筋肉を鍛えることによって老眼が防げたり改善出来たりするんですね。

これは朗報ですね。

眼トレとは…普段焦点を合わせない場所に焦点を合わせることで眼のトレーニングになる

8点ぐるぐるトレーニングのやり方

上下左右8箇所に眼球を順番に動かす。一日3から5セットが目安。

ただぐるぐる回すのではなく例えば部屋の角などに焦点を合わせる。

グーパーまばたきトレーニング

目をぎゅっと閉じた状態からパット開き2秒以上保つ。一日3から5セット行う。

目を開いたり閉じたりする筋肉を使うことによって目の周りの血液の循環を良くします。

3点より目トレーニング

3つ並んだ点を遠くから順番に1秒ずつ凝視 これを一日3から5セット行う。

水晶体という目の中のレンズを調整する毛様体筋のトレーニング。

近見輻輳票を使います。これは「9割の老眼は自分で治せる」日比野 佐和子 (著)からコピーできます。

 

遠近トレーニング
  1. 腕を伸ばして親指を立て1秒凝視
  2. 遠くの対象物に視線を向け一秒凝視。交互に30回繰り返す。

親指の頭の方にまずは焦点を合わせる。

次に、窓から外が見える場合は外の緑に焦点を合わせるのがベストですが部屋で行う場合は部屋の一番奥に焦点を合わせる。

モデルスマイル体操トレーニング

モデルさんの笑顔をイメージして広角を上げるように笑顔を作る。

 

広角を上げる筋肉と目の周りの筋肉はつながっています。

そこの筋肉をうごかすことによって目の周りの血液の循環にも関係してきます。

 

朝昼晩とトレーニングが出来ない方は朝晩で5回ずつ行うのがおすすめ。

 シューイチのスタジオの皆さんも早速この眼トレをされてましたが

「小顔効果があるかも」

「このトレーニングをやると目が覚める」

など老眼以外の効果も期待出来そうな感じです。

 

簡単に出来るトレーニングなので私もやってみようと思います。