読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっと気になるかも

グルメ・料理レシピ、健康・ダイエット、芸能情報、かわいい猫などちょっと気になることを配信しています


光コラボレーションのセールス電話の断り方

 

f:id:anonahan:20160408212816j:plain

光コラボレーションの営業電話がしょっちゅう

かかって来るのでNTTに営業電話がかからないうように依頼。

 

半年間は本当に営業電話がかかって来なくて

平和な日々だったのですが

半年過ぎたくらいからちらほらかかって来るようになりました。

 

最近はセールス電話を断るコツが分かったので

すんなり断れるようになりましたので

タイプ別に断り方をまとめてみました。

 

  目次

騙す気まんまんの悪質なセールス電話の断り方

f:id:anonahan:20160408221459j:plain

一番たちの悪い業者からの電話がかかってきた 場合の断り方です。

「光回線の工事担当ですが、この度光回線の一部を工事することになりましたのでお伺いしたいのですが」

とか

「光回線の地区担当です。ネット回線の一部が変更になります」

などといかにもNTT関連会社のふりをして電話してきますが

一言も社名とか担当者名を名乗りません。

 

「消防署の方からきました」と言って消火器を売りつける

詐欺が昔ありましたがそれと基本的に一緒です。

 

相手にNTTからかかってきていると錯覚させることで契約を取ろうとします。

こういった悪質業者には

「会社名と担当者名をお願いします。NTTではないですよね?」

と尋ねれば勝手に向こうから何も言わずに電話を切ります。

 

無言で電話を切るなんて失礼ですよね。

「失礼いたしました」くらい言えないんですかね。

 

一番対応の良い会社で

「NTTではないです(ガチャ)」でした ^^;

 

光コラボレーションなどのサービス名や社名を名乗る比較的まともな企業

社名や光コラボの案内などはっきり言ってくるセースル電話の場合は

なるべく早い段階で切り替えるつもりがないことを伝えましょう。

 

相手のセールストークを全部聞いてしまうと

「この人はもしかしたら興味が有るのかもしれない」

と見込み客に入れられてしまい

お断りしても後日またセールス電話がかかってきます。

 

相手が説明を始める前に

「興味がありませんので」などの理由を言って断りましょう。

 

その後電話がかかって来ないように

「今後電話は結構です」と付け加えることも大切です。

光コラボのセースル電話の特徴

光コラボレーションのセースル電話の特徴は

「光回線を使っている顧客の方全員にお電話差し上げています」

などの言い方をしてきます。

 

普通電話をかける時相手の名前を確認しますが

それをしません。

 

試しに

「うちは光回線利用してませんが」

と答えてみたら

 

「そうでしたか、失礼いたしました」

と返ってきました^^;

 

自分の名前を確認されなかったら

契約してない会社からの電話だと判断して間違いないです。

 

加入しているプロバイダからのセースル電話の場合

最近加入しているプロバイダから電話がかかってきました。

プロバイダ「○○様はご在宅ですか」(契約者名の確認)

プロバイダ「△△会社の担当☓☓と申しますがお得な情報のご案内なんですが…」

契約者名を確認されたのでホンモノなので無下には断れない。

 

私「光コラボレーションのことですか?」

プロバイダ「よくご存知ですね」

 

私「あまり安くならないですよね?」

プロバイダ「そうですね、月数百円くらいですね」

 

私「光コラボレーションから切り替える時、電話番号が変わったりとかデメリットも多いのでこのままで結構です」

 

プロバイダ「はい、解りました」

 

自分が加入しているプロバイダさんには

光コラボレーションのデメリットを伝えて断ればOK。

光コラボレーションのデメリットとは?

”光コラボは今までより料金が安くなる”というウリで攻めてきますが

格段に安くなり光コラボの恩恵を感じられるのは

西日本住まいの戸建て契約の人くらいらしいです。

 

東日本は競争が激しく元々料金が低めの設定だったので戸建てでもそれほどまで

安くならないようです。

光コラボレーションのデメリットは

1.速度が遅い

フレッツ光に比べてNTTから回線を借りている光コラボは

速度が遅いらしいです。

2.光コラボを解約するときは光回線も解約になる

フレッツ光から光コラボに変更するときは光回線を解約する必要はありませんが

いったん光コラボにした場合、元に戻そうとすると光回線も解約しなくては行けなくなります。

新規でまた加入となると初期工事費がかかることになりますね。

  • 速度が遅い
  • 窓口がなかなか繋がらない

などの不満があって解約したいと思ってもまた初期工事費がかかると思うと

ウンザリしますよね。

3.違約金がかかる場合がある

2年縛りなどで契約している場合解約月以外で解約すると

多額の違約金がかかる場合があります。

4.光電話の場合電話番号が変わる

転用で光コラボレーションに変えるときはひかり電話の電話番号はそのまま引き継げますが光コラボを解約するときは電話番号は引き継ぐことが出来ません。

 

光コラボレーションにはあまり魅力を感じませんが

回線ごとauに変えるのはありかな?

と思っています。

 

キャッシュバックが大きいのが魅力ですが

田舎に澄んでるため今のところauマンションタイプの回線が来ていないので

auに期待しています。

 

 関連記事