読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっと気になるかも

グルメ・料理レシピ、健康・ダイエット、芸能情報、かわいい猫などちょっと気になることを配信しています


【サタデープラス】開張足とは?指の付け根にタコがある人は将来寝たきりになる可能性あり

8月27日のサタデープラスの人気コーナー、Dr.プラスは

「テレビ生健康診断、病気のリスクは足裏に!」

というテーマでした。

指の付け根にタコがある人は将来寝たきりのリスクが高まるという

衝撃の事実が。

 フットケア外来、高山薫先生が出演者をチェック

日本では珍しいフットケア外来の高山薫先生が

サタプラ出演者の足の裏をチェック!

 

今日のゲストの小倉智昭さんをチェックしたところ

指の付け根、特に中指の付け根に大きなタコがありました。

 

タコが出来る理由は、靴が合わないということもありますが、

そこに余計な体重がかかっているサインです。

足の裏が変形しているサインなんです。

 

小倉智昭は開張足

東京医療保険大学 医療情報科学 山下和彦教授によりますと

土踏まずが無くなるのは偏平足といいますが

横のアーチが無くなることを開張足といいます。

 

地面につかないはずの部分に圧力がかかり

固くなっていた。

 

開張足は最近は女性に多く見られ

バランスが崩れ関節に余計な不可がかるので

  • 膝痛
  • 股関節痛

これらの原因となり、最悪の場合歩けなくなります。

怖いですね。

 

更に指に力が入らなくなるので転倒のリスクが高まります。

開張足改善法

サタプラではゴルフボールを使った開張足改善法が紹介されました。

将来寝たきりにならないように今からやっておくと損はないですね。

  1. 足裏でゴルフボールを転がす(30秒)
  2. ゴルフボールを趾でつまんで持ち上げる(5回)

ゴルフボールがなけれは小さなゴムボールでもOK.

つかもうとすることが大事なのでつかめなくても構わないそうです。