読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっと気になるかも

グルメ・料理レシピ、健康・ダイエット、芸能情報、かわいい猫などちょっと気になることを配信しています


【サタデープラス】自宅で簡単!認知症チェックの方法・やり方

f:id:anonahan:20161008093555j:plain

10月8日のサタデープラス(サタプラ)からの情報です

高齢者の4人1人は認知しょうと言われています。

自宅で簡単にできる認知症の

チェックのやり方、食器ひっくり返し、ながらねぎカット、魔法の言葉

が紹介されました。

 

目次

 認知症の権威、朝田隆ドクターが

認知症チェックのやり方を教えて下さいました。

食器ひっくり返し

認知症チェックの仕方その1です。

軽度の認知症だとこれが出来なくなります。

 

テーブルの向かい側の食器を

180度ひっくり返して同じ状態に並べます。

 

料理の配膳を頭のなかで180度回転させて

相手と同じように置きます。

 

正式には全部で8品目で行います。

3つ以上間違えると認知症の疑いがあります。

 

MCの小堺さんは4つ間違いがありました。

「落ち着いてやれば出来ると思います」

と、朝田隆ドクターはフォローされていましたが、

料理の向きも採点に入るので思った以上に

難しそうだと感じました。

 

タレント小島よしおさんのお母様は

間違えは一つ、

箸置きの向きのみでクリア。

 

この「食器ひっくり返し」では

方買う感覚の衰えをチェックします。

 

方向感覚の衰えは進行すると徘徊の原因にもなります。

「食器ひっくり返し」は60代の方におすすめの認知症チェックです。

 

方向感覚を鍛える脳トレのやり方、時計ひっくり返し

食器配膳チェックでつまずいた方におすすめの

方向感覚を鍛える脳トレのやり方がサタデープラス(サタプラ)

で紹介されました。

 

掛け時計を上下逆さまにした状態で

時間を当てます。

 

脳トレをすることで

脳が活性化されるので

日頃から脳トレを行うといいですね。

ながらねぎカット

数を数えながらネギを5等分にします。

これは2つの行為を同時に行えるかをチェックします。

 

チェックのときのNG項目として

  1. 数を数えるのを忘れる
  2. 5等分になってない
  3. ネギの長さがバラバラ

一つでも当てはまると認知症の可能性が!

 

同時に2つのことをなることが

年齢とともに下手になる現象のひとつ。

小島よしおさんのお母様は

ながらねぎカットチェックも「かなり良い」と

の結果でした。

 

注意直低下を防ぐ脳トレ、グー・チョキ・チョキ・パーのやり方

  • グーとグーを作ります。
  • グーの次が片手がピース、もう一方はピースを作る
  • つづいて、片手がピストル、片手がピースを作る
  • 両手パーにする

これを「グー・チョキ・チョキ・パー」と唱えて

リズミカルに繰り返します。

 

これは楽しそうですね。

 

魔法の言葉「昨日のニュース、何があった?」

最後の認知症のチェックは「魔法の言葉」です。

ポイントは「取り繕い」

 認知症の人は

答えられない質問をされると

ごまかしたり、話題をすり替えたりする傾向にあります。

 

取り繕いを見分ける魔法のことばが

「昨日のニュース、何があった?」

 

ニュースの代わりに

「昨日の食事、何だった?」と聞いてもいいそうです。

簡単に出来るチェックですね。

関連記事