ちょっと気になるかも

グルメ・料理レシピ、健康・ダイエット、芸能情報、かわいい猫などちょっと気になることを配信しています


【林先生が驚く初耳学】8時間ダイエットは「痩せる」それとも「痩せない」

5月8日の林先生が驚く初耳学では「夢の8時間ダイエット」

が紹介されます。

8時間ダイエットは何年か前に話題になりましたよね。

本当に痩せれるのかちょっと気になりますね。

f:id:anonahan:20160508210225j:plain

 

目次

8時間ダイエットのやり方は?

8時間ダイエットはアメリカのデイビッド・ジンチェンコさんが考案した

ダイエット方法です。

 

8時間ダイエットのやり方は実にシンプルで

「食事をする時間を8時間だけとする」

朝起きて一番初めに口にした時から食べ終わりを8時間以内に納めます。

つまり、11時に食事を開始したら19時には飲食をストップするということです。

基本的に食事内容やカロリー制限はありません。

 

8時間以内なら炭水化物やアルコールを摂取してもOKです。

 

7時に朝ごはん、12時に昼ごはん、20時に夕飯と食べていると

食べ始めか3時間ぐらいは経過してしまいますよね。

 

8時間ダイエットは1日2食、プチ断食の状態になります。

 

確かにこの方法で食生活をすると痩せれると思います。

1食分のカロリーが浮く勘定になりますから。

 

しかし、空腹を我慢出来るかどうかが問題ですよね。

 

1日の食事を終了した後、ノンシュガーの飲み物は

飲んでもOKです。

 

白湯で空腹を紛らわすことが出来れば8時間ダイエット、

成功しそうですが、慣れるまでが大変そうですね。

3人の女性が8時間ダイエットに挑戦した結果

林先生が驚く初耳学で3人の女性に8時間ダイエットを2週間行って実際に痩せるかどうか検証していました。

その結果は

  • 40代女性 54.6kg→53.3kg(-1.3kg)
  • 30代女性 65.4kg→64.4kg(-1kg)
  • 20代女性 83.8kg→79.5kg(-4.3kg) ウエスト 80cm→71cm(-9cm)

 全員痩せることが出来ました。

なぜ8時間ダイエットで痩せられるのか

好きなものをカロリー制限なしなのにもかかわらず

8時間ダイエットで痩せることが出来る理由は

食事時間の制限で体内エネルギーの使い方が変わるからです。

特に内臓脂肪が減少するという嬉しいダイエット方法です。

 

食べる時間を8時間に抑えることで食べ物を消化するために使っていた

エネルギーを代謝のほうにまわすことができるから痩せることが出来るんですね。

 

胃や腸に食べ物が残っているとエネルギーが消化に使われるので

代謝に使われるエネルギーが減るので痩せにくいくなります。

 

空腹時間が長いというのがヤセ体質になるポイントなんですね。

その間エネルギーは代謝に使われるので脂肪はより燃焼しやすくなります。

お腹周りの脂肪が減る

代謝がアップすることで内臓脂肪が一番先に減ります。

お腹周りがスッキリするなんて女性にとっては一番嬉しいですね。

 

8時間ダイエットのポイント

食事の時間以外は水を1日2リットル以上飲むようにするのがポイントです。

体の老廃物が流されるのでより健康的にダイエット出来ます。

 

8時間ダイエットに関するツイート 

実践している方も空腹には苦労されているようです。

8時間ダイエットは何でも食べてOKのイメージがありますが

食べる量が減らなければ痩せることは難しいでしょう。

8時間ダイエットで成果を出している方々も。