ちょっと気になるかも

グルメ・料理レシピ、健康・ダイエット、芸能情報などちょっと気になることを配信しています

【名医の太鼓判】豆腐、カレーを食べると長生きホルモン、アディポネクチンが増えて長寿に!

8月6日の名医の太鼓判は

長生きホルモン、アディポネクチンを増やす方法が特集されました。

長生きホルモンを増やして健康寿命を伸ばしたいですね。

f:id:anonahan:20180806192445p:plain

長生きホルモン、アディポネクチンの効果

長生きホルモンの効果は次の3つがあげられます。

  1. 血管の傷の修復
  2. 脂肪燃焼効果
  3. 糖尿病、高血圧の予防

 

長生きホルモンを多く出すには?

長生きホルモンを出すのに効果的なことは

”笑う”こと。

TV番組では落語など観ると長生きホルモンが多く分泌されるそうですよ。

 

笑うことによってウイルスやがん細胞を攻撃する

NK細胞(ナチュラルキラー細胞)が活性化されて免疫力が上がるという効果があります。

 

笑いは万病の薬、空笑いでも効果はあるそうですよ。

 

長生きホルモン、アディポネクチンを増やす食材

1.豆腐などの大豆製品

豆腐に含まれるβコングリシニンという成分が

長生きホルモンを増やすそうです。

 

長生きホルモンが増えると余計な脂肪が燃焼し

正常値を保った脂肪が増え、

更に長生きホルモンが増えるという好循環が発生するそうです。

 

納豆や豆乳など大豆製品にもβコングリシニンが

含まれているのでこれらの食品を

毎日の食事に積極的に使いましょう。

 

豆腐、納豆、豆乳は案外食べているので一安心でした。

 

 2.カレー(ターメリック)

カレーに含まれるターメリック(ウコン)に含まれるクルクミンには

長生きホルモンを増やす効果があります。

 

タイの大学で240人を対象に実験した結果、

9ヶ月間ターメリック(ウコン)を食べると

長生きホルモンが18.18から22.46に上昇したというデータも。

 

その他

豆腐、カレーの他には

  • 生姜
  • 赤唐辛子

なども長生きホルモンが増えるそうです。

 

※香辛料のとりすぎはい胃腸の負担になるので

適量を摂るように心がけましょう。